グルメ

【わかりやすく】サーモンと鮭の違いは?栄養やトラウト・マスの違いも紹介

鮭とサーモン、マスの違い

回転寿司で人気の「サーモン」と、焼き魚やおにぎりの具の定番の「鮭」。

似ているようだけど、はっきり違いがわからずに食べている人も多いのでは?

サーモンとトラウトサーモンの違いは?

サーモンとマスの違いは?

栄養は違うの?などの疑問を調べてみました。

サーモンと鮭の違いは何?

鮭を英語でいうと『サーモン(Salmon)』ですが、日本語と英語の呼び方の違いだけなのでしょうか?

ズバリ!

鮭とサーモンの違いは、【食べ方】と【育ち方】だそうです。

食べ方の違い

  • 鮭…火を通す(焼く・煮るなど)
  • サーモン…生のまま食べる(寿司・刺身など)

天然の鮭は、オキアミを餌にしています。

このオキアミが、寄生虫のアニサキスを食べてしまうことがまれにあります。

鮭とサーモン、マスの違いアニサキスが寄生したオキアミを、鮭が食べる。

その鮭を生で食べると、腹痛などが起きる危険性があるのです。

だから、鮭は加熱調理するのが一般的になっています。

育ち方の違い

  • 鮭…基本的に天然のもの
  • サーモン…生食用の養殖

養殖で育てられたサーモンの餌は、ペレットです。

ペレットには寄生虫が混入しないので、安心して生で食べられるのです。

鮭とサーモン、マスの違い日本全国、サーモンの養殖が各地で行われています。

80種類以上ものご当地サーモンがあるんですよ。

サーモンはノルウェーから広まった

日本でサーモンが根付いたのは、あるノルウェー人がきっかけでした。

日本でサーモンを食べるようになったのは、1986年です。

ノルウェー人のビョーン・エイリク・オルセンさんという方が、日本で漁業関連の仕事をしていまいした。

鮭とサーモン、マスの違いノルウェーは、鮭を始めマス類の漁獲量と養殖量が世界一だったのです。

ノルウェーでは1970年代から、鮭の養殖が盛んで鮭を生で食べることができたのそうです。

オルセンさんは、生食の鮭を日本に広めたいと考えていました。

しかし、鮭を生で食べるとアニサキスの心配があるという日本人に、どうやって売り込もうかと悩んだそうです。

そこで、生食用の鮭を「サーモン」と名付けて販売したのでした。

そして、まず回転寿司に売り込み、生のサーモンの美味しさを伝えたのです。

今では、回転寿司の人気メニューとなっていますよね。

サーモンとトラウトサーモンの違いは?

「トラウトサーモン」という名前も、よく聞きますよね。

回転寿司で見かけるサーモンは、主にノルウェーやチリで養殖されたものだそうです。

では、「トラウトサーモン」って何?

「トラウトサーモン」とは、

淡水魚の「ニジマス(トラウト)」を海水で養殖したものです。

ん?

鮭じゃないの??

鮭とサーモン、マスの違い水温が18度以上になると、サーモンは行きていけないそうです。

夏の日本近海は、水温が20度以上になるところが多く、養殖には適していないのです。

そこで、「ニジマス」を陸上で淡水の中で育てから、出荷前の半年間を冷たい海の中で育てる養殖技術ができたのです。

それが、「トラウトサーモン」です。

鮭とマスの違いは?

鮭の代わりに、「ニジマス」っていうけど、全く違う魚なのでは??

実は現在も「鮭」と「鱒」は日本では明確な区別はないそうで、まだまだ研究段階なのだそう。

「鱒(マス)」もサケ科の魚です。

「鮭」も「鱒」も海と河(淡水域)を行きします。

鮭とは近からず、遠からずといった「鱒」の種類である養殖しやすい「ニジマス」で、美味しいサーモンが作られているんですね。

鮭とサーモンで栄養価の違いはあるの?

鮭とサーモンで、栄養の違いはあるのでしょうか?

比較するために、もう少し鮭やサーモンの種類を書き出してみます。

  • シロサケ:一般的な鮭、塩鮭、新巻鮭、鮭フレークなど
  • ニジマス:鱒寿司、ルイベ、燻製など
  • アトランティックサーモン:刺身、切身など大西洋で生息・養殖
  • トラウトサーモン:養殖されたニジマス、刺身
  • カラフトマス:鮭の缶詰
  • キングサーモン:鮭の中で1番脂がのっている
100gあたりカロリーたんぱく質脂質炭水化物糖質DHAEPA
鮭(焼き鮭1切れ)120kcal21.8g3.8g0.1g0.1g413mg225mg
トラウト201kcal21.4g14.2g0.1g0.1g1300mg600mg
アトランティックサーモン237kcal20.1g16.1g0.1g0.08g1400mg不明
キングサーモン200kcal19.5g12.5g0.0g不明740mg400mg

サーモンの脂は、「オメガ3系脂肪酸」がたっぷり入っています。

ビタミンEも豊富で、アトランティックサーモン100gで1日に必要なビタミンEの半分が摂取できるとも言われているそうです。

error: