アニメ・漫画

はたらく魔王さま2期はいつから何巻まで?アニメはどこまでやるの?

はたらく魔王さま2期はいつから何巻まで?アニメはどこまでやるの?

1期は13話目で終わり、恵美が真奧に新品の傘を渡すシーンで終わりました。

2期の放送はいつからだろう?と心待ちにされていた方も多いのではないでしょうか。

2013年の4月に放送されて以来、約9年振りの地上波放送となります。

この記事でわかること
  • 2022年7月から放送決定!
  • 漫画4巻までと予想
  • 2期は26話くらいまで放送されると予想
  • キャスト紹介とあらすじ

について詳しく説明します。

スポンサードリンク

はたらく魔王さまアニメ2期はいつから?放送日と時間

ついに2022年7月から2期放送スタート!と公式HPやtwitterで正式に発表されました。

待ってました。はたらく魔王さま。

放送日と放送時間の詳細はまだ発表されていませんが、放送時間は深夜帯であると予想します。

9年振りに帰ってきたということもあり、放送日当日は時間拡大放送の可能性もありそうです。

またわかり次第更新しますね。

スポンサードリンク

はたらく魔王さまアニメ2期は漫画の何巻までやるのか予想

前回の1期で原作の2巻アニメ放送13話で終わったので、今回も同じように原作で4巻アニメ放送26話まで放送されるのではないか?と予想しております。

実際何巻まで放送するのかが気になるところですが、ストーリーがひと段落するのは4巻までとなります。

3巻ではアルス・ラムスが登場しており、魔王城で子育てをするシーンがあります。

PVではちーちゃん・鈴乃・恵美たちの水着姿があります。

これは漫画の4巻の話の中の海の家にあたります。

そしてエンテイスラでの戦闘シーンも描かれているため4巻までの放送が濃厚かと思います。

また何巻まで作品が続いているのかですが、小説で21巻+番外編6巻

漫画で18巻まで出ているのでアニメ3期にもつながる可能性は十分ありそうです。

どこまで放送するのか、遊佐との展開がどうなるのかもとても楽しみです。

スポンサードリンク

キャスト声優紹介

魔王サタン(真奧貞夫) :逢坂良太

アルシエル(芦屋四郎):小野友樹

勇者エミリア(遊佐恵美) :日笠陽子

佐々木千穂(ちーちゃん) :東山奈央

ルシフェル(漆原半蔵) :下野紘

オルバ・メイヤー :宝亀克寿

クリスティア・ベル(鎌月鈴乃) :伊藤かな恵

サリエル(猿江三月) :井口祐一

鈴木梨花(遊佐の同僚) :西明日香

エメラダ・エトゥーヴァ :浅倉杏美

1期のあらすじおさらい

魔王サタン(真奧貞夫)

ざっくり、1期のあらすじに触れていきますね。

魔王サタン(真奧貞夫)は、はたらく魔王さまの主人公。

異世界制服を企むも、勇者エミリアとの対戦中にゲートが開き、現代の日本に迷い込んでしまいました。

現代の日本では魔力ではなく、お金が必要なためマグロナルドではたらき始めます。

ボロアパートのウィザ・ローザ(魔王城)に拠点を置くことに…。(城といっても畳6畳の部屋)

人々の恐怖や絶望を肥やしに魔力が増して強くなり、体つきもたくましくなります。

今のところエンテイスラに帰る気はなさそうです。

アルシエル(芦屋四郎)

アルシエル(芦屋四郎)は、真奧と同時に現代の日本に迷い込みました。

真奧の部下であり、同居人である芦屋は魔奧が働く代わりにゲートの情報収集や主夫業をこなします

魔奧への忠誠心が強く、真奥が何かあればすぐにかけつけます。

そして、よくお腹を壊していたので本当は身体が弱い…?

勇者エミリア(遊佐恵美)

勇者エミリア(遊佐恵美)は、魔王を追い現代の日本にきました。

遊佐が雨に濡れてびしょ濡れの中、マグロナルドへバイトに向かう真奧と出くわし、真奥は傘を持っていない遊佐に自分の傘を差しだしました。

遊佐は真奧がエンテイスラの魔王サタンだと気づいており、真奧に天界で父を殺された復讐心のため、真奥に襲い掛かります。

真奧が怪しい行動をしないかどうか見張る中で、真奧の心の温かさに触れていき、「なんで魔王なのに…?」と遊佐の中で疑問を抱きました。

ドコデモテレアポセンターに勤めています。

スポンサードリンク

佐々木千穂(ちーちゃん)

真奧がはたらいているマグロナルドの後輩の佐々木千穂(ちーちゃん)は、真奧に好意を寄せる健気な可愛い女の子です。 

真奧と遊佐との関係を疑い衝突が起こりましたが、遊佐の目的を知り誤解だったことが分かりました。

地震が起こる度に聞いた事のない声が聞こえてきて、なぜか言葉の理解ができてしまいます。

真奧が現代の日本で真王サタンの姿に変わっても怖がることなく、真奧のことが好きなちーちゃん。

2期では、真奧への一途な恋の関係がどこまで発展するのかが気になるところです。

ルシフェル(漆原半蔵)

ルシフェル(漆原半蔵)魔力を補うために、強盗を繰り返して人間の憎悪や恐怖を肥やしに魔力を補充していきました。

天界に戻るためにオルバ・ メイヤーと手を組み、魔力が弱まっている真奧と遊佐を今なら倒せるだろうと計画を立て攻撃を仕掛けました。

しかし、街の中で真奧と戦っている間に街中の人たちの恐怖で魔力が補われ魔王サタンの姿に変わり、オルバとルシフェルはボコボコにされたました。

そしてルシフェルは漆原として名を持ち、彼は強盗がある前科の理由から外に出ないよう、ヴィザ・ローザでニート・引きこもりとして転がり上がる展開に。

オルバ・メイヤー

オルバ・メイヤー勇者エミリアの仲間で、魔王軍を倒すために一緒に戦ってきました。

エンテイスラの教会の中でも主導者側みたいですね。

真奧たちからハゲ!ジジイ!と罵られていました。

サリエルや、ルシフェルに声をかけ、魔奧とエミリアを抹殺しようとしていました。

いつから勇者エミリアを裏切ろうと目論んでいたのかが気になる不思議な人物。

どんな目的があり、どんな目論見があるのか、それがどこまで続くのか気になりますね。

クリスティア・ベル(鎌月鈴乃)

クリスティア・ベル(鎌月鈴乃)は真奥たちの隣の部屋の202号室に引越ししてきた謎の少女。

魔王たちの隣人としてうどんを持って行って家計を助けたり、料理を作って振舞ってあげます。

後に、エミリアと買い物に行く途中でゲートの話を持ち出しエンテイスラに関係していることを話しだしました。

真奧には本性をいつからか気づかれていたらしいです。

サリエル(猿江三月)

サリエル(猿江三月)は真奧が勤めるマグロナルドの向かいにあるセンタッキーの店長。

いつもサングラスをかけ、趣味の悪い香水をつけています。

戦いの場面では勇者エミリアの聖剣の力を無効化させる能力があり、月に近付けば近づくほど力が増します

女好きで変態な一面があり、マグロナルドの木崎店長のことがお気に入りです。

趣味の悪い香水はよくわかりませんが、サングラスは目を隠すためだったんですね。

スポンサードリンク

鈴木梨花(遊佐の同僚)

鈴木梨花(遊佐の同僚) は遊佐が真奧のことを好きだと勘違いしていて、遊佐と一緒に真奥に会いに行くこともありました。

遊佐とちーちゃんのと3人で真奧の様子を伺いに、向かいにあるセンタッキーで芦屋と初めて会い顔を赤らめていたのが印象的です。

エメラダ・エトゥーヴァ

エメラダ・エトゥーヴァは勇者エミリアからエメと呼ばれています。

エミリアと共に魔王軍と戦った仲間の一人です。

エミリアに物資を送ったり、エンテイスラの現状報告をしています。

おっとりした話し方が可愛らしいですね。

スポンサードリンク

まとめ

ハマって一気に観ていました。天界では魔王界と天界があるようです。

真奧と同じマグロナルドではたらく木崎店長は普通の人間ぽいですが、ヴィザ・ローザの大家ミキティーは何者でしょうか。

あの水着姿の写真が魔除けになるのならぜひ頂戴したいです。

エンテイスラのこと何か知ってそうでしたね。

はたらく魔王さまは面白ので早く次が観たいです。

何巻までする予定で最終的にはどうなるのだろう。

放送日などの詳細の発表が待ち遠しいです。

絵も凝っていますし、キャラの個性が面白いですよね。

スポンサードリンク
error: