\これやばい!ハマる♪

アニメ・漫画

ディズニーのCGはいつから?アニメ映画一覧&気持ち悪い・嫌いという声もあるのはなぜ?

ディズニー映画のCGはいつから始まったのでしょうか。

ディズニーのCG映画の歴史や、口コミなどを調べてみました。

ディズニーのCG映画とその口コミ

ディズニー映画のフルCG最初の作品は1996年公開の「トイ・ストーリー」

これはピクサーとディズニーの共同制作です。

ディズニー単独のフルCG映画は2005年公開の「チキン・リトル」

CGが気持ち悪い・嫌いという声がある理由はさまざま。

ディズニーのCG映画を見慣れていない動きが不自然で気持ち悪いなどの理由があるようです。

今回は、人気のディズニーCGアニメ映画歴代と興行収入一覧をご紹介します。

また、なぜCGは気持ち悪い、嫌いという口コミもあるのかも調べてみました。

スポンサードリンク

ディズニーのCGアニメ映画はいつから?最初はどの作品?

ディズニーCG,いつから,嫌い,気持ち悪い

ディズニーのCGアニメ映画はいつから始まったのでしょうか。

ディズニー映画のフルCG最初の作品は、1996年公開の「トイ・ストーリー」です。

これは、ディズニーとピクサーが共同制作したもの。

ディズニー単独では、2005年公開の「チキン・リトル」が最初のフルCG映画です。

さらにその少し前、2000年公開の「ダイナソー」

この映画でディズニーは、初のCG導入を試みています。

「ダイナソー」はCGと実写の組み合わせでした。

なので、ディズニー最初のCG映画といえば、ピクサーとの共同制作「トイ・ストーリー」

ディズニー単独では「チキン・リトル」となるようです。

Q.なぜ“ディズニー最初の作品”がたくさんあるの?

「ディズニー映画」には、制作する会社がいくつかあります。

  • 親会社の「ウォルトディズニーカンパニー」
  • 子会社に「ピクサーアニメーションスタジオ」(通称:ピクサー)他

すべてをまとめて「ディズニー映画」と呼ばれることが多いです。

そのため、ディズニー初の、ピクサー初の、と表記されることがあるのですね。

ディズニー単独で制作したり、ピクサーと共同で制作したり。

いろいろな挑戦があるのですね。

スポンサードリンク

実は美女と野獣にもCGが使われていた

1992年公開のディズニー長編アニメ映画「美女と野獣」にも、一部にCGが使用されています。

当時では画期的な最先端の技術だったそうです。

ほとんどがセル画アニメで作られているのですが、2シーンにのみCGとセル画が融合しています。

  1. 食器たちの「ひとりぼっちの晩餐会」のシーン
  2. ダンスホールでのベルとビーストの舞踏シーン

どちらも作品を代表する印象深い名シーンですよね。

CGを取り入れることで食器たちをたくさん複製できたり、ダンスホールの奥行きをこれまで以上に表現できるようになったそうです。

この映画での成功が、フルCG映画への挑戦が本格化したきっかけになったのは間違いです。

スポンサードリンク

ディズニーCGアニメ映画歴代一覧

ディズニーCG,いつから,嫌い,気持ち悪い

ディズニーの歴代CGアニメ映画一覧をご紹介します。

ここではディズニーとピクサーの人気作品を並べてみました。

  • 1996年:トイ・ストーリー
  • 1999年:バグズ・ライフ
  • 1999年:トイ・ストーリー2
  • 2000年:ダイナソー ※CGと実写の組み合わせ
  • 2002年:モンスターズ・インク
  • 2003年:ファインディング・ニモ
  • 2004年:Mr.インクレディブル
  • 2005年:チキン・リトル
  • 2006年:カーズ
  • 2007年:レミーのおいしいレストラン
  • 2007年:ルイスと未来泥棒
  • 2008年:ウォーリー
  • 2009年:ボルト
  • 2009年:カールじいさんの空飛ぶ家
  • 2010年:トイ・ストーリー3
  • 2011年:塔の上のラプンツェル
  • 2011年:カーズ2
  • 2012年:メリダとおそろしの森
  • 2013年:シュガー・ラッシュ
  • 2013年:モンスターズ・ユニバーシティ
  • 2014年:アナと雪の女王
  • 2014年:ベイマックス
  • 2015年:インサイド・ヘッド
  • 2016年:アーロと少年
  • 2016年:ズートピア
  • 2016年:ファインディング・ドリー
  • 2017年:モアナと伝説の海
  • 2017年:カーズ/クロスロード
  • 2018年:リメンバー・ミー
  • 2018年:インクレディブル・ファミリー
  • 2018年:シュガー・ラッシュ:オンライン
  • 2019年:トイ・ストーリー4
  • 2019年:アナと雪の女王2
  • 2020年:2分の1の魔法
  • 2020年:ソウルフル・ワールド
  • 2021年:ラーヤと龍の王国
  • 2021年:あの夏のルカ
  • 2021年:ミラベルと魔法だらけの家

(※日本公開年で記載しています)

その他に、他社製作の「シュレック」などもあります。

一部CGが取り入れられている「ナイトメア」も人気作品ですよね。

ディズニーのCG映画はたくさんありますね。

スポンサードリンク

ディズニーCGアニメを制作するピクサー歴代興行収入ランキング

ディズニーCG,いつから,嫌い,気持ち悪い

ディズニー映画でも特にファンが多いピクサーの作品。

その歴代作品を、興行収入が多い順に並べてみました。

  1. 1位:2003年/ファインディング・ニモ/110.9億円
  2. 2位:2010年/トイ・ストーリー3/108.0億円
  3. 3位:2019年/トイ・ストーリー4/100.7億円
  4. 4位:2002年/モンスターズ・インク/93.7億円
  5. 5位:2013年/モンスターズ・ユニバーシティ/89.6億円
  6. 6位:2016年/ファインディング・ドリー/68.3億円
  7. 7位:2004年/Mr.インクレディブル/52.6億円
  8. 8位:2018年/リメンバー・ミー/50.0億円
  9. 9位:2009年/カールじいさんの空飛ぶ家/50.0億円
  10. 10位:2018年/インクレディブル・ファミリー/49.0億円
  11. 11位:2015年/インサイド・ヘッド/40.4億円
  12. 12位:2008年/ウォーリー/40.0億円
  13. 13位:2007年/レミーのおいしいレストラン/39.0億円
  14. 14位:1999年/トイ・ストーリー2/34.5億円
  15. 15位:2011年/カーズ2/30.1億円
  16. 16位:2006年/カーズ/22.3億円
  17. 17位:2017年/カーズ/クロスロード/18.0億円
  18. 18位:2016年/アーロと少年/17.0億円
  19. 19位:1996年/トイ・ストーリー/15.0億円
  20. 20位:1999年/バグズ・ライフ/11.5億円
  21. 21位:2012年/メリダとおそろしの森/9.5億円

(※注1日本公開年で記載 ※注2推定興行収入を含みます)

また、2020年以降のピクサーCG映画はこちら。

  • 2020年  2分の1の魔法
  • 2021年  ソウルフル・ワールド
  • 2021年  あの夏のルカ

この時期の作品は、コロナの影響により公開延期になったり、Disney+での配信公開など新しい試みもあった作品です。

ディズニーに詳しくない人でも、名前を聞いたことがある作品もありそうですね。

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーの人気アトラクションになっているものも。

どの映画も、色あざやかで美しい映像が魅力的です。

子どもから大人まで幅広い世代に愛されている作品が多いですね。

ディズニーのCGアニメ映画に興味はあるけれど、見たことがない人。

そして食わず嫌いでCG映画を見たことがない人にもぜひ見てみてほしいです。

スポンサードリンク

ディズニーCGは気持ち悪い・嫌いという口コミと理由は?

ディズニーアニメやディズニー映画のCGが気持ち悪い、嫌いと言われるのはなぜでしょうか。

口コミでその理由を見てみました。

  • 日本人が見慣れない映像の技術
  • キャラクターの顔の作りが不自然に感じる
  • 動きが不気味だなと思う
  • もそもCGが嫌い

他にも、アニメーションを作る過程の技術が昔とは違っていたり、制作を担当する責任者が変わると作風にも少し影響が出たりなど。

専門的な理由の口コミもあるようですね。

わたしもディズニー映画の大ファンです。

もちろんCG映画も大好き。

たしかに初めは、口コミのようにCG映画に違和感がありました。

ですが、見慣れてくるとそれも個性的に見えてくるようになりました。

従来のディズニー映画の大ファンだからこそ、CG作品は嫌いという方もいるように思います。

CG作品も、その他の作品もストーリーが魅力的。

ディズニーらしさを裏切らない感動がぎゅっと詰まっているなと思います。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、ディズニーのCGアニメ映画がいつから始まったのか。

どんな人気作があるのか。

そして嫌い・気持ち悪いと言われる口コミがある理由を調べてみました。

ディズニーの従来の作品はとても魅力的で、色あせない作品が多いですよね。

その中で新しく登場したCG映画に違和感を持つ気持ちも分かります。

ディズニー映画はたくさんあります。

好みの映画を楽しみつつ、ディズニーのCG映画も楽しんでいきたいですね。

スポンサードリンク
error: