アニメ・漫画

【清陰高校男子バレー部】の2.43の意味は?ハイキューとの違い比較

2021年1月7日から「ノイタミナ」で放送がスタートするアニメ「2.43 清陰高校男子バレー」

男子高校生が春高を目指すという設定から、同じバレーボールアニメの「ハイキュー!!」と比較されています。

タイトルの「2.43」の数字の意味と、ハイキューとはどう違うのかをご紹介します。

清陰高校男子バレー部「2.43」の数字の意味は?

正式タイトル「2.43 清陰高校男子バレー部」の「2.43」という数字。

読み方は、「ニー テン ヨン サン」です。

この数字は、バレーボールのネットの高さを表しているそうです。

しかも春高だけ「2.43m」で、それまでの県大会は「2.40m」なのです。

つまり、「2.43m」を味わうことができるのは各県の頂点に立った1校のみなのです。

そして「2.43m」を制して、春高の頂点、全国の頂点を目指すという意味が込められていると考えられます。

2.43清陰高校男子バレー部はハイキューとどう違うの?

どうしても、高校生のバレーボール物語というと「ハイキュー!!」が浮かんでしまいますよね。

ちょうど、2020年12月に「ハイキュー」のアニメ4期2クール目が終わったばかりです。

ハイキュー5期が始まるまでの間に、「2.43清陰高校男子バレー部」が放送される感じなので、余計に比較してしまいますね。

では、それぞれの設定について簡単に比較してみます。

設定 ハイキュー!! 2.43清陰高校男子バレー部
舞台 宮城県 福井県
主人公 ・日向翔陽
・ミドルブロッカー
・高1
・小野賢章
・セッター
・高1
主人公 ・影山飛雄
・セッター
・高1
・黒羽祐仁
・ウイングスパイカー
・高1
連載 週刊少年ジャンプ Cocohana
アニメ制作 Production I.G david production
ストーリー 弱小チームから成長していく 弱小チームから成長していく
話の軸 犬猿だった1年生コンビの奮闘 絶縁状態だった1年生コンビの奮闘

設定的には、中学時代に仲が良くなかった2人が、高校で同じチームになるところは似ています。

ハイキューは、一方的に中学生の日向が影山を敵視していた。

2.43清陰高校男子バレー部は、同じ中学だった2人が最後の県大会で衝突し絶縁状態になります。

そして、転校先で再開して再び同じチームメイトとして成長して行きます。

小野賢章と影山飛雄が、セッターという点と中学時代は強豪校でプレー。

高校は弱小チームという設定が似ています。

黒羽祐仁と日向翔陽は、ずば抜けた身体能力の持ち主という設定が同じです。

しかし、原作コミックと小説を読んだファンの間では設定は同じでも別の視点からバレーボールを描いているので面白いという声が上がっています。

最大の違いは、2.43清陰高校男子バレー部の方が、キャラクターそれぞれが重く深い闇や葛藤を抱えている点です。

より心情や、衝突など人間ドラマにもスポットが当たっています。

2.43清陰高校男子バレー部はハイキュー好きは見るべき?

2.43清陰高校男子バレー部の原作コミックと小説を読んで、ハイキューも好きだというファンの人たちの感想をご紹介します。

2.43清陰高校男子バレー部とハイキューの両方に出演している声優は?

声優 ハイキュー!! 2.43清陰高校男子バレー部
榎木淳弥 鈴木幸也(日向の中学の同級生) 黒羽祐仁
石川界人 影山飛雄 三村統(福蜂工業高校3年)
木村昴 天童覚(白鳥沢学園高校) 大隈優介(清陰高校2年)

 

error: