スポーツ選手

吉井虹の相撲を福山雅治も応援!15歳の中卒力士は第2の稀勢の里と名高い母親思いの次世代横綱候補だった

相撲

福山雅治が自身のラジオ番組「福のラジオ」にてエールを送った大相撲力士の吉井虹さんはまだ15歳にて中川部屋へ入門した相撲界の新生です。なぜ福山雅治さんが応援しているのか?第二の稀勢の里と言われているのか?今後大注目の吉井さんを調べてみました。




15歳の中卒力士 吉井虹さんとは?

中学を卒業して進学はせず、相撲部屋へと入門した吉井さん。
夢は横綱になることという大きな野望を抱いて日々過酷な稽古に挑んでいます。

小学4年生で地元静岡のわんぱく相撲で優勝をすると小学5年生の時には既に「中学を出たらプロになる」と決意していたそうです。
昨夏の全国中学選手権団体・個人にて優勝し「中学横綱」となり卒業と同時に中川部屋への入門を果たし有言実行しています。

中卒力士を選んだのは「高校の3年間よりも、プロの3年間の方が体を作る上で圧倒的に有利と思っている」と話していて、
中卒で横綱になった稀勢の里を彷彿させる期待の新人です。

吉井 虹さんのプロフィール

本名:吉井 虹(よしい こう)
生年月日:平成15年8月1日(15歳)
出身地:静岡県焼津市
身長 :177cm
体重 : 150kg
所属部屋:中川

初土俵 平成31年3月

序二段戦歴 4勝1敗/5出(1場所)/平成31年3月
序ノ口戦歴 5勝2敗/7出(1場所)/令和元年5月
前相撲戦歴 4勝1敗/令和元年7月

現在開催中の「大相撲名古屋場所」10日目にてデビュー2場所連続勝ち越しとなり、勢いに乗っています。

今場所は残り2番ありますが、このまま連勝で終えると、6勝1敗となり「三段目昇格」の可能性も見えてきて、今後大注目となること間違いなしの力士さんですね。第2の稀勢の里と期待されるのもわかります。最近始めたツイッターでは無邪気にはしゃぐ15歳らしさも垣間見ることができます。





福山雅治さんがラジオ番組「福のラジオ」にて応援

2019年5月17日 東京FM「福のラジオ」番組内で、福山さんが吉井 虹さんへ激励を送りました。

なぜ、このような流れになったのかというと、お母さんが福山雅治さんの大ヒット曲「虹」から名前をつけたとのエピソードが報道を通じて福山さんに伝わり、15歳にして活躍が目覚ましい心やさしき天才力士に興味を抱いたのかと思います。

ラジオを通じでこのようなメッセージを送っています。

大相撲5月場所。新人力士・東序の口14枚目の『吉井』・・・本名は吉井虹(こう)くん(15歳)。名前の由来は福山さんの楽曲『虹』にちなんでいるそうです。キミの虹、掴んでください!

福のラジオ 公式ツイッターより

吉井さんも、お母さんもとても嬉しかったでしょうね。
夏場所前に、福山さんのドラマのロケ先で吉井さんは言葉を交わしているそうですので、応援をパワーに変えて勝ち進んでいるのかもしれないですね。

お母さんのまゆみさん(47)は昨夏ごろから体調を崩して入院されていたそうで春頃に手術をし退院したばかりだそうです。

お母さんも息子の虹さんの活躍は楽しみにされていて「福山さんのパシフィコ横浜で行われる年末ライブに一緒に行こう」と約束されているそうです。チケット取れるといいですね。

関取になってご両親と地元の人たちに恩返しがしたいと話している心やさしき15歳のプロ力士の今後が楽しみです。





こちらの記事も人気です「2019甲子園注目のスラッガーはこの4人だ!」