芸人・バラエティ

立川志らくの落語の評判は賛否両論?嫌っているのは同業者だけか調査

落語

立川志らくさんは辛口コメンテーターとして人気が出てテレビ露出が増えましたが、本業の落語の評価はどうなのでしょうか?「偉そう」な態度とも言われていますが、素顔や落語の活動、評判について調べてみました。900人中30人の実力の持ち主・イクメンパパと意外な一面を紹介。


立川志らく落語家になった経緯とプロフィール

前座名:立川志らく
本名 新間一弘(しんま かずひろ)
・生年月日:1963年8月16日
・出身地:東京都世田谷区
・所属事務所:ワタナベエンターテインメント
・家族構成
妻-酒井莉加(1981年5月26日生まれ)
長女・小弓(2012年9月生まれ)
次女・雪奈(2017年3月生まれ)


立川志らくは父はギタリスト、母な長唄歌手の芸能一家で育ち、父の影響で小学生高学年の頃から落語に興味を持ったそうです。

日大三高を卒業し、日本大学芸術学部演劇学科に進学し「落語研究会」に所属します。


「立川談志」さんの落語と生き様に惚れ込み1985年10月にサークルのOBである高田文夫さんに紹介してもらい、7代目「立川談志」さんに弟子入りし「立川志らく」となりました。


立川志らくの深すぎる談志師匠愛

立川志らくさんは、談志師匠の落語はもちろんですが、その「趣味嗜好」から「生き様」「発言の真意」「人生観」などのすべての事において心酔していたそうです。

師匠の全てを吸収し、多くの影響を受けて徹底的にマネる事から始めました。


志らくさんのモットーは盗んで師匠の通りにできるようになってから崩して自分のオリジナルを作るべきとの考えを持っていて、周囲からは「談志の息子のようだ」と言われる事もあるほど、努力されたそうです。


弟子の中でも抜きん出た実力で弟子入りして3年後「前座」から「二つ目」へ昇進し、さらに7年後「真打」へとなり談志さんは一目置いていたそうです。


談志師匠が亡くなってしばらくすると師匠が所蔵していた膨大な芸能資料と住居だった一軒家を志らくさんが譲り受けるという周囲も認める特別な存在となってました。


※東京の落語界では「真打ち」「二つ目」「前座」という階級があります。入門したばかりの弟子は、まずは「前座」として師匠の身のまわりの世話などの雑用をすることになります。

修業を重ねて一人前だと認められると「二つ目」に昇進して、雑務からは解放されます。さらに実力を認められて「真打ち」に昇進すると、自分で弟子を取ることも認められます。

昇進させるかどうかは師匠の一存で決められます。


立川志らく 落語以外の才能

落語家としての人気を積み上げながら、映画好きの志らくさんは映画監督や劇団「下町ダニーローズ」の主宰になるなど、その才能と好奇心は「芸ごと」全体へ向けられました。


2001年には『彩の国落語対象』を受賞。

1997年に『異常暮色』で映画監督デビュー。

2015年1月から独演会「立川志らく落語大全集」を開始し、16年もの長い歳月をかけて203席を演じる企画を続けています。

16年後は2031年まで。志らくさんは66歳になっています。

この投稿をInstagramで見る

今度は落語CD購入🎵 #落語 #CD #立川志らく

Kohji Hirashimaさん(@hirashimakohji)がシェアした投稿 –


劇団のキャストだった奥様(元アイドルの酒井莉加さん)と再婚され先日も舞台を成功させました。

演劇に対しても熱い想いがある志らくさん。

こちらの動画で「落語家の志らくが考える演劇とは」を語っています。

多彩な志らくさんは、ワイドショーのコメンテーターとして、はっきり物を言う人として人気があり、ついに朝の情報番組のMCにまで抜擢され、コメント力に期待が寄せられています。

立川志らくの落語の評判は?同業者から嫌われてる?

では、本業の落語の方の評判はどうなのでしょうか?

同業者の落語家 三遊亭円丈さんは、著書の中で「素人落語」と批判していました。

そもそも、立川一門の事が好きではないらしいので、(おそらく談志さんの破天荒ぶり)その弟子の志らくさんに対しても良い印象は持っていないようです。


テレビの出演が増え、落語ではないところでの活躍が目立ってくると、面白く思わない落語家さんもいるようです。

「落語家の本分は高座で落語をしゃべること」と冷ややかに見ている人もいるとか。


志らくさんの落語を「すごい」と言う同業者はあまりいないそうです。

では下手なのか?と言うとそうでもないようで、昔ながらの型にハマった落語ではなく、初心者にわかりやすいように「アニメ」を題材にしたりとオリジナル落語も取り入れている志らくさん。


それが、「わかりやすい」「面白い」と受け入れてくれるファンも多いのですが、同業からしたら、「それは落語なの?」と嫌味を言いたくなってしまうようです。


立川志らく 落語の評判が下がると不安

同業者からも、ファン・関係者からもこのままでは落語の評判が下がるのでは?と不安の声が上がっています。

それは、志らくさんの多忙すぎるスケジュールにより落語の練習時間がないのではと言うのです。


朝の情報番組が始まると、志らくさんの1日のスケジュールは、

朝5時に迎えの車に乗り5:30にテレビ局入り。8時スタートの朝番組をこなして、バラエティなどの収録。夜は都内近郊で落語の独演会。週末は地方で落語の独演会。

空いた時間は弟子の稽古と劇団関係、家族サービス。


と、どこに練習時間があるのか?と言う過密スケジュールです。

ある日の志らくさんのツイートでもその忙しさが伺えます。

これに、朝が加わるのですよ。志らくさん。大丈夫でしょうか?


「志らくさんは現在56歳。そんなにテレビに出なくても、高座だけで食える恵まれた落語家なんです。

それをさらに、テレビ出演に時間と能力を使うなんて、非常にもったいない。70歳になったときに、同年代の落語家と差がつかなければいいのですが……」(演芸評論家)

週間女性

現に、この多忙な毎日の中でのハプニングが起きていました。

30分でこなせるからすごいと言っていいのか?30分足らずの練習でお金を払って来てくれたお客さんの前に出るのか?など、どちらの意見も出て来そうですが、


たくさん練習したからと言って上手とも言えませんし、それがさらっとできてしまう志らくさんの才能と、それを堂々と公開してしてしまうところが、人気なところなのでしょうね。


立川志らくの落語の評判は900人中30人の実力

テレビばっかり出ていないで落語に専念したらという人がいるようで、志らくさんは、そのような声にツイッターで一石投じています。

そうなのです。多忙を極めている中でも、落語の公演の数は減っていないのです。


落語会主催者によれば
「落語家は全国で800人ほどいるといわれていますが、顔が売れている、いわゆる全国区の知名度を獲得している落語家は、テレビ番組でレギュラーを持っている人。

『笑点』メンバーや、『ためしてガッテン』のMCの立川志の輔ら30人ぐらい。志らくさんもその一人ですから、週末は地方で落語会の仕事が入っています」

週刊女性

志らくさんは”儲かる落語家”として君臨しているのです。すごい。

立川志らくの素顔とは?

やることをやっているから、堂々と意見を言う。世の中がどうでも自分の考えははっきり伝えると言う談志イズムを継承している志らくさん。

コメント同様に普段も厳しい方なのかと思ったら、カジュアルなファッションに、美人の奥さんと可愛い2人の娘さんにデレデレのイクメンパパでした。

家族との時間を大切にしている志らくさんにとてもほっこりしてしまいました。

娘さんたちもパパの事が大好きなんですね。

ご家族の様子と美人奥様については、こちらの記事で紹介しています。

立川志らくの嫁と子供との画像が幸せすぎ!離婚した元嫁との関係は?

立川志らくの落語の評判は賛否両論?嫌っているのは同業者だけか調査まとめ

立川志らくさんの魅力は、当たり障りのないコメントしかしないコメンテーターではなく、的外れな事をもっともらしく気取って言っているコメントの浅い人でもない絶妙なバランスで自分の意見をはっきりと言えるところではないでしょうか?


志らくさんは【落語】のライブ感を大事にしながらしっかり落語に軸足を置いてタレント活動もしているのだと思います。


談志師匠の存在も大きいですが、志らくさん自身の人間性は談志師匠とは違い、どこかおどおどしているような愛らしい雰囲気と、家族思いの温かみも感じます。


「落語じゃない」などと批判する人もいるようですが、古典落語を気軽に楽しめるように現代の感覚も取り入れて、志らくさんのテレビでの活動が落語へ興味を持ってくれる人を増やしているのではないでしょうか。

こんな風潮も吹き飛ばしてしまう、志らくさんの魅力がより多くの人に伝わって欲しいですね。

ただ、体調管理だけはご注意していただきたいですね。倒れないようお気をつけください。



同業者に限らず、テレビで目立っている志らくさんの活動や言動に文句を言う人もいますが、このバイタリティ溢れる行動力を知った上で、一度落語を聞いてみてはいかがでしょうか?


立川志らくの嫁と子供との画像が幸せすぎ!離婚した元嫁との関係は?

前田敦子の現在は?2019年の仕事は女優業が中心に子育てと両立

井筒親方とは?寺尾の兄で娘は元宝塚・鶴竜を横綱へ導引き膵臓がんと戦った天才力士

川嶋あいの[こち亀]愛がヤバい!好きすぎて動画を作成する超オタク