スポーツ選手

【画像】式秀部屋・女将の名前は向めぐみ!高校時代や前職、馴れ初めを紹介

大相撲、式秀部屋の美人女将の名前は向めぐみさんです。

式秀親方(元前頭北桜)との出会いは、おかみになる前の職業に関係していたそうです。

今回は、式秀部屋女将の高校時代や前職、親方との馴れ初めなどをご紹介します。

【画像】式秀部屋の女将・向めぐみはどんな人?

「式秀部屋」(しきひでべや)は、茨城県龍ケ崎市にある相撲部屋です。

2010年3月9日に現役引退を表明した、北桜英敏(きたざくら・ひでとし)が親方です。

  • 北桜英敏(きたざくら・ひでとし)
  • 本名:向英俊(むこう・ひでとし)
  • 現在は、年寄・式守秀五郎を襲名

そしてこちらが親方と結婚され女将となった、向めぐみさん(むこう・めぐみ)です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Megumi Mukou(@megumimukou)がシェアした投稿

  • 名前:向めぐみ
  • 旧姓:清水めぐみ
  • 生年月日:1968年4月20日
  • 年齢:52歳(2020年8月時点)
  • 資格:商品装飾技能士2級、レタリング検定2級
  • 出身高校:筑陽学園高等学校(1987年卒業)
  • 出身大学:福岡大学体育学部特待生
  • 就職:(株)KYOUYA・デザイン課へ入社

経歴については自身のフェイスブックに、以下のように記載してありました。

相撲部屋の女将になる前はデザインの仕事をしながら、飲食店の経営もしていました。

福岡県福岡市中洲に「メンバーズ ジャマイカーナ」と「ナイト ジャマイカーナ」経営。

2000年に閉店して、上京すると北の湖部屋「北桜英敏」も妻であることを公表しています。

 結婚した正確な時期はわかりませんでしたが、親方より3歳年上の姉さん女房です。

女将も元アスリートだった為、力士の体を気遣った「薬膳ちゃんこ」を考案。

朝日新聞デジタルに、掲載されるほど料理上手だそうです。

式秀部屋の女将と親方の馴れ初めは?

女将の向めぐみさんは、福岡から上京すると銀座のクラブでホステスをしていたようです。

2020年8月7日のFRIDAYデジタルの記事に、馴れ初めが書かれていました。

「Mさんは、もともと銀座の高級クラブで働いていた時期がありました。元横綱の北の湖親方(故人)が愛した店で、当時弟子だった北桜もたびたびお供もしていたそうです。

ある時、北桜が『この人と結婚したい』と北の湖親方の前に一人の女性を連れてきた。それがMさんだったんです。北桜が猛アタックしたそうですよ。北の湖親方は仰天。『オレが知らないうちにいつの間に』と、苦笑いしていたとか。

幕下時代から交際をしていて、まだ給料が少なかったので女将さんが支えたそうです。

式秀親方は趣味が「ビーズ編み」ということで、出会ってから現在まで毎年誕生日にプレゼントしてくれるそうです。

記事には、結婚をしてからの夫婦についても掲載されていました。

Mさんが『だから昇進できないのよ!』と叱責することもあったとか。厳しい態度は親方にも向けられます。『あなたの指導が甘いからダメなんでしょ』と、叱ることもたびたびあったそうです。愛ゆえの叱責だと思いますが……」

美人でしっかり者の女将さんに、親方もタジタジだったようですね。

式秀部屋の女将の高校時代がすごい

女将の向めぐみさんは、福岡県太宰府市にある筑陽学園高校出身です。

高校では、グラフィックデザイン科に入学しこの頃からデザイナーを目指していたようです。

部活は、陸上競技部でインターハイ出場経験もあったそうです。

フェイスブックには、優秀な成績が書かれていました。

  • 福岡県中部地区大会走り幅跳び1位
  • 福岡県大会・走り幅跳び1位
  • 北九州大会・走り幅跳び1位

運動神経も抜群の、才色兼備だったのですね。

高校卒業後は、福岡大学体育学部に進学し実業団「新日鉄八幡」からの推薦をもらうほどの実力でした。

しかしデザイナーに夢を叶える為、株式会社KYOYAへ入社しています。

式秀部屋の女将と親方に子供はいる?

式秀親方と女将には、子供が1人います。

娘さんで、東京有明医療大学の鍼灸科に在学していました。

年齢は、2013年に成人式を迎えたという情報がありますので2020年現在27歳になると思われます。

1人娘の誕生日にも、式秀親方は手作りのビーズアイテムをプレゼントしているそうです。

error: