スポーツ選手

笹生優花はハーフ!家族構成や生い立ち・出身校、プロフィールを紹介

笹生優花はハーフで家族構成の画像

19歳でジャンボ尾崎の愛弟子として注目されている、笹生優花さん。

父親が日本人、母親がフィリピン人のハーフで、幼少期からゴルフを始めたそうです。

家族構成は、5人兄弟姉妹だそうです。

今回は、笹生優花さんのご家族や、出身校・プロフィールなどをご紹介します。

笹生優花はハーフ・家族構成と生い立ち

笹生優花の家族構成

笹生優花選手は、2001年6月20日フィリピン生まれです。

父親が日本人、母親がフィリピン人のハーフで、両国の国籍を持っています。

笹生優花はハーフで家族構成の画像6歳から小学校2年までを日本で過ごしていました。

父親・正和さんがゴルフ練習場に通っていて、着いて行ったところ興味を持ったそうです。

8歳からゴルフを始め、小学校3年のときにプロを目指すと決めました。

その為、ゴルフを習う環境が良く経済的負担が少ないフィリピンに再び移り住んでいます。

笹生優花兄弟姉妹は?

  • 父親:正和(63)
  • 母親:フリッツィ(43)
  • 長女:笹生優花(19)
  • 長男
  • 次男
  • 三男
  • 次女

弟と妹もゴルフを習っていて、長女の笹生優花選手が一番下手だったそうです。

父親のスパルタ教育

2021年6月7日全米女子オープン選手権で、大会史上最年少の「19歳351日」で日本女子3人目のメジャー制覇を達成しました。

父親の厳しいスパルタ教育と、鍛錬を受けてきた結果だそうです。

父親の正和さんは、柔道経験者で1969~71年放送の桜木健一さん主演ドラマ「柔道一直線」の影響を受けました。

ドラマ内で、鉄下駄を履いて下半身を鍛えるというエピソードを実際に行なっていたのです。

それを、娘の笹生優花さんにも実践させたのでした。

8歳でゴルフを始めた時から下半身強化のため、ランニングやラウンド中は両足首に重りをつけて鍛えた。

(中略)

「自分も柔道をやっていて鉄ゲタで練習していた。どんなスポーツでも下半身を鍛えるのは必要だと思い、足首につけるのが一番危険性が少ない」

(中略)

「ソフトで柔らかな筋肉をつくるのがベターだと思う」

引用元:日刊スポーツ

そのおかげで、300ヤードの飛距離を出せるまでになり「女タイガーウッズ」と呼ばれるようになったのです。

笹生優花のプロフィール・出身校

笹生優花選手のプロフィールをご紹介します。

  • 名前:笹生優花(さそう・ゆうか)
  • 生年月日:2001年6月20日
  • 年齢:19歳(2020年8月時点)
  • 身長/体重 164cm/59kg
  • 出身校:代々木高校
  • 血液型:B型
  • 趣味:卓球
  • 2019年11月日本のプロテスト合格
  • 所属先:ICTSI(フィリピンの港湾管理会社)

フィリピンのゴルフ大会を始め、各国の大会に出場してきました。

14歳で、フィリピン女子ツアーに出場しプロ選手がいる中、優勝をしています。

2018年8月の「アジア競技大会(ゴルフ競技)」にフィリピン代表として出場し、団体・個人共に金メダルを獲得。

日本のプロテストに合格すると、ジャンボ尾崎さんに弟子入りしました。

2020年8月までの獲得賞金は、8000万円だそうです。

error: