歌手・アーティスト

【Rin音】Snow jamの歌詞の意味は?制作秘話から考察!

女子中高生の間で、TikTokなどからバズりまくった大学生ラッパーのRin音の「Snow jam

淡い恋心を歌った歌詞が人気です。

今回は、Rin音の「Snow jam」の歌詞の意味を考察してみました。

合わせて「Snow jam」の人気ぶりと制作時の話もご紹介します。

Rin音の「Snow jam」の人気ぶりがすごい!

新世代大学生ラッパーRin音(りんね)。

シングル曲『snow jam』は2020年2月19日にデジタルリリースされました。

Rin音初のWinter songです。

Rin音のプロフィールや大学の画像
Rin音の大学はどこ?高校や出身・顔写真などプロフィールまとめ現役大学生ラッパーのRin音が、2020年6月19日のMステに初登場。 『snow jam』がヒット中の、注目新人Rin音の大学は...

卒業シーズンの3月初旬頃から急激に、チャートインをするようになったのです。

その理由が、TikTokです。

恋人や友達同士で、『snow jam』の曲に合わせて、思い出の写真を投稿する人が爆発的に増えたのでした。

loadingで進まない毎日
上品が似合わないmy lady
morningただただうわついて
日中も淡い夢を見る

という歌詞の部分に、思い出の写真を流してく人が続出したのです。

ここから人気に火がつき、数々のランキングにチャートインしたのでした。

  • リリースから3週間で公式MVが20万再生を突破
  • LINE MUSICランキング(BGM&着うたTOP100 3/11付)6位
  • Spotifyグローバルバイラルランキング14位
  • Spotify「日本バイラルトップ 50」1位
  • iTunes「ヒップホップ/ラップ」1位
  • Apple Music「ヒップホップ/ラップ」1位
  • Apple Music総合ランキング9位
  • YouTube の再生回数も500万回再生

すごい記録ですよね。

『snow jam』の歌詞の意味を紐解く為に、どのようにして制作されたのかもご紹介します。

Rin音の「Snow jam」の制作秘話

Rin音の楽曲制作や「Snow jam」の制作について、2020年6月10日の「fanplus music」のインタビューで語っていました。

Rin音の画像まだ22歳(2020年6月現在)のRin音は、人生で特に苦労した経験がないそうです。

才能もあるとは思っていなくて、ラップをやっていてるからってグレるワケでもない。

だからこそ、聴いてくれる人と共感できる日常を歌詞にできているそうです。

Rin音のの画像音楽の理論はわからないので、曲のイメージを大まかに伝えるだけだなんだとか。

トラックができてから、メロディーやフロウを考えて歌詞を書くとの事です。

「snow jam」も、トラックメーカー(RhymeTube)に、“頭から歌う曲を作りたい”と伝えています。

直感で書いた歌詞は、あまり良くなかったそうで、1ヵ月ぐらい寝かしたとか。

1年中聴いてもらえるよう、情景にこだわったそうです。

「snow jam」は、冬や雪を連想させますが、季節に限らず聴いてもらえる曲に仕上げることができたと話していました。

Rin音の「Snow jam」の歌詞の意味を考察

では、制作秘話を踏まえて歌詞の「Snow jam」意味を考察します。

(あくまでも、個人の見解です)

頭サビ部分

Loadingで進まない毎日
上品が似合わないmy lady
Morning ただただ浮ついて
日中も淡い夢を見る

ねえ今夜は急いで行く
愛情に満たされる日
二人静かに

まだ片思い中の男の子が、好きな女の子の事を妄想して、ふわふわしている淡い恋心が描かれています、

「日中も淡い夢を見る」という部分で、寝ても覚めても君を想ってしまうという、好きな気持ちが溢れているようですね。

「今夜」は、主人公にとって特別な決心の日という意味合いに思われます。

1番の部分

どうせ奥手ろくでなしの机上のストーリー
なんて誰も気にしないように
Good night baby
淡い夢の中
淡い夢の中だよ

「どうせ奥手ろくでなしの机上のストーリー」は、

好きな子との、ロマンティックな演出を考えては見たけれど、草食系の僕には、そんなことは出来やしない。

という、机上の空論であるという意味合いではないでしょうか。

だから、せめて夢の中でだけはうまくいきますように。

Rin音の作品には“睡眠”がキーワードの楽曲が多いです。

それは、Rin音が「眠る前の時間が好き」だからそうです。

リラックスできたり、素の自分になれる時間なので、今日の終わりの眠る前に思うのも、君なんだよと言う思いも込められているのではないでしょうか。

街は気づけば光で満ちてるし
いつもより少し人で混んでるし
って思ってみた鏡の中の自分なら
変わらないああバカみたいだな

街は、(クリスマス)のイルミネーションで、きらめいている。

(クリスマスシーンを楽しむ)人たちで、街が賑わっている。

そう気がついたけど、鏡に映る自分は、勇気を出せずにまだ片思いでいる自分のまま。

ああ、なんて意気地が無いんだろう。

と、一歩踏み出せずにいる自分が、もどかしいのかと思います。

サビ1

Good night sleepy おはようの言葉を
考えてはただ夢を見て
濃い濃度の想いに蓋をして
Feel you. I really care about you.
甘く溶けるsnow jam
君を満たすsnow jam
snow jam snow jam snow jam snow jam

「おやすみ」や「おはよう」と伝えられる関係を夢見ているけど、叶わない。

「濃い濃度の想い」とは、こんなにも君の事を想っているこの気持ちに蓋をして押し殺してきたという事かなと思います。

「Feel you. I really care about you.」は「僕が君のことを、大切に想ってるってわかって」という意味になります。

「snow jam」の「jam」は「ひしめきあう、ぎっしり、詰め込む」という意味があります。

雪が降り積もる、この雪に君への思いを詰め込む、などのイメージが浮かびます。

2番の部分

loopする考えはいつも以上で
あの街までの足取り重くて
本当に来るかな嘘じゃないのかな
って余計な心配が駆け巡る

好きな子と待ち合わせをしている、特別な日。

いつも、思い描いていた妄想がいつも以上に頭にループして、失敗しないようにイメージトレーニングをしながら、向かっている主人公。

緊張と、彼女は来てくれるだろうかと不安で、足取りが重い様子。

ドキドキが止まらない感じですね。

皆は携帯片手に愛を奏でてる
現代的LOVER ネオネットヤンキー
いつもはね。だけど素敵ねって
あって言われたいから会いに行くのさ

周りは、携帯のメッセージや電話で愛を伝えているだろう。

「現代的LOVER」、現代人の愛の伝え方はそうなのさ。

「ネオネットヤンキー」、ネット上でケンカをする人たち。匿名で好き勝手言う人たち。

いつもは、自分もそれを眺めている人間だけど。

だけど今日は、直接会って伝えたい。

そして、「素敵ねって」彼女に直接言われたい。

だから、勇気を出して会いに行くのさ。

といつも妄想だけの草食系男子の主人公が、意を決した男気を見せているように感じます。

今日はうまくトーストも焼けたしさ
靴紐左から結んだしさ
家の鍵もきちんと閉めたんだ
こたつを消したかは不安だけど

願掛けでもしないと、自信がない気持ちが溢れています。

ちゃんとやったよ、うまくできたよ、少し不安なところもあるけど、今日の僕ならきっと大丈夫だよね。

と、自分に言い聞かせて、自信をつけながら待ち合わせ場所に向かっているように思えます。

なんとなく好きな気持ち溢れた
君のこと好きだと知った日から
忘れたことないってか忘れられない
バカでもいいこの思いは伝えたいから

なんとなく、君が好きだと気がついた淡い恋心だった。

でも、自分の気持ちに気がついてから、毎日忘れられないほど、想いが募って行く。

こんな妄想ばかりで、叶うかもわからないけど、この思いだけは伝えたいと決心したんだ。

主人公の、純粋でまっすぐな想いが、自身の背中を押しているのだと思います。

リフレイン

ここから、これまで歌われてきた歌詞が再び歌われ、最初の歌詞に戻っていきます。

Good night sleepy おはようの言葉を
考えてはただ夢を見て
濃い濃度の想いに蓋をして
Feel you. I really care about you.
甘く溶けるsnow jam
君を満たすsnow jam
snow jam snow jam snow jam snow jam

Good night sleepy おやすみの言葉を
考えてはただ夢を見て
濃い濃度の想いが溢れてて
Feel you. I really care about you.
甘く溶けるsnow jam
君を満たすsnow jam
snow jam snow jam snow jam snow jam

Loadingで進まない毎日
上品が似合わないmy lady
Morning ただただ浮ついて
日中も淡い夢を見る

ねえ今夜は急いで行く
愛情に満たされる日
二人静かに

何度も、何度も、妄想しては、シュミレーションをした事を思い出しているようです。

そして、決意したこの気持ちを叶えるために、現実になるように、今から君に伝えに行くよ。

と愛する女性へのピュアな想いが溢れるラブソング。

雪や冬の季節、クリスマスソングにももちろん聴こえますが、いつの季節でも「あなたへの想いが止まる事なく降り注ぐ」と言う意味も込められているのではないかと思います。

error: