芸人・バラエティ

大崎会長 松本人志の映画が大赤字でも止めない!宮迫と加藤潰し始動?ごっつやな忖度支配の全て

週刊誌

宮迫博之、田村亮の闇営業問題の記者会見で明らかになった吉本興業の闇。岡本社長のグダグタ会見を肯定する大崎会長に反旗を翻した加藤浩次。この一連の問題から救世主扱いされている松本人志さんですが、「大崎・松本」による吉本強権支配による、松本さんの闇を週刊文春が報じた。その内容と感想まとめ。


大崎会長 松本人志の映画が大赤字でも止めないワケは?

松本人志さんの映画が大赤字で社員が映画チケットを買い取るよう指示があった。吉本興業 大崎洋会長はダウンタウンの生みの親。

松本さんも大崎さんのことを「兄貴のようなもの」と言っているほど、強い絆で結ばれていますが、その絆が吉本内では強権勢力となっており、中堅芸人以下に影響が出ていることが、週刊文春の記事で明らかになりました。


タカアンドトシやナインティナインが特にその影響を受けているそうです。

特別扱いのダウンタウンと冷遇扱いされるそれ以外の芸人。


「いい人」で通っている松本さんのイメージとは違う記事の内容に、少し困惑しました。その内容をお伝えします。

週刊文春 松本人志

松本の映画監督業について、元社員が嘆息する。


チケットを何枚か買わされたことがあります。券売状況が悪いと松本さんに怒られるから、社員に買わせようという上層部の忖度でしょう。その日のうちに金券ショップに売りました。Oライン以外の社員は、大赤字なのに松本さんの映画をなぜ作り続けるんだと疑問に思っていました」


(Oラインとは、大崎会長、岡本社長をはじめ、ダウンタウンのマネージャー出身者で固められた経営陣)

だが吉本興業から一歩外に出れば、松本への過度な忖度が理不尽と映ることも少なくない。


ある雑誌がテレビ番組の特集で、ダウンタウンの昔の写真を使ったところ、吉本から


『こんなことをするなら、そちらの雑誌とは今後お付き合いできない』

と猛クレームが来たそうです。
「ジャニーズ事務所のアイドルかよ」と皆、驚いていました。吉本の中でダウンタウンだけはアンタッチャブルな存在なんです(吉本に詳しいライター)


松本が作り上げた斬新な笑が、後進の芸人に多大な影響影を与えたのは間違いない。しかし、吉本の上層部は歪な形でその”栄光”を守ろうとしている。


冷遇扱いされるタカトシとナイナイ

「非主流派と目されるタカアンドトシが、2007年に武道館で単独ライブをやろうとした時も、上層部からストップがかかった。

武道館では松本さんが95年に単独でお笑いライブを行っており、『松本さん以外、武道館でやるのはダメ』と言う理由でした」(前出・吉本興業元社員)


それはイコール、ダウンタウン育ての親である大崎氏の権力維持にもつながる。


「ナインティナインや雨上がり決死隊が売れるきっかけとなった吉本芸人のユニット『吉本印天然素材』は別の社員が手がけたものだったため、大崎派からは冷遇されました。


松本も著書の中でナインティナインを『ダウンタウンのチンカス』と酷評。


しかしナイナイはその後どんどん人気が出た。2人が司会を務めるオーディション番組『ASAYAN』(テレ東系)からは、モーニング娘。CHEMISTRYなどの人気グループが生まれました。

すると当時から権利ビジネスに興味を持っていた大崎さんは『ASAYAN』を取り上げ、浜田雅功が司会の『ハマラジャ』というオーディション番組に変えた。

番組は全く人気が出ず、半年ほどで打ち切りになった(別の吉本関係者)


今回のお家騒動では前述したタカアンドトシが『ファミリーと感じたことない』とSNSで発信(インスタで発信しすぐに削除)するなど、中堅以下の芸人から経営陣を批判する声が続々と上がった。


それに対し、ベテランの大平サブローは「気にいらんかったら辞めろよ」と後輩を一括。


ダウンタウンと同期のハイヒール・ももこなどからも同調する声が上がっている。



フライデーが宮迫の新たな金銭問題を報じると、吉本は『どちらを信じていいのか困惑している』というコメントを発表。

大崎会長以下、吉本上層部は『加藤つぶし』と同時に、宮迫を孤立させようと言う方針で動き始めた。


大崎会長の意向を感じ取った側近芸人名は宮迫に同情を示していたにもかかわらず、そもそも宮迫が嘘をついたのか悪いと一斉に言い始めた。

宮迫と加藤潰し始動?ごっつやな大崎・松本の忖度支配の全て

大崎会長は身を引くつもりはさらさらない。岡本昭彦会長の”グダグダ会見”に対しても、『後半は頑張ったな。少しは挽回できたんとちゃうか』と評価しており、岡本さんを辞めさせるつもりはありません。



一方、大崎会長は反旗を翻した加藤浩次に対し『絶対に許さない』と激怒。大崎会長の言を受けた岡本社長は加藤追放に動いている。
闇営業の宮迫博之だけでなく、加藤も吉本興業に残ることはできないでしょう(吉本興業関係者)

スッキリ加藤浩次

雨上がり決死隊の宮迫、ロンドンブーツ1号2号の田村亮らの闇営業問題をきっかけに勃発した吉本興業のお家騒動。

先週号で小誌が明らかにしたのはダウンタウンの松本人志と吉本のドン大崎会長に牛耳られる同社の実態、そして松本ら主流派と非主流派の内部抗争の存在だった。


大崎、岡本両氏をはじめ、経営幹部はOラインと呼ばれるダウンタウンのマネージャー出身者で固められて松本は後輩芸人だけでなく現経営陣にも絶大な影響力を持っている。


一方、スッキリ(日テレ系)で今の社長、会長の体制が続くのなら、吉本興業を辞める(大崎氏は)松本さんには同志でも、会社のトップ。責任を取るべきなどと言い切った加藤ら非主流派はこれまで辛苦いを味わってきたのだ。


小誌の翌日に収録された「ワイドナショー」(フジ系)で松本が打ち消しに躍起となっていた。

『(マスコミは)僕と加藤のVS関係をすぐ作ろうとするんですけど、すぐに加藤に電話したんですよ。全然好きに言っていいよ、言っていいからなって話をして、何にもVS構造になってないと。むしろ2人の気持ちは全く同じ』


ところが事態は、松本の言と真逆の様相を呈している。大崎、岡本両氏による「加藤追放計画」。岡本氏はある元社員の名前を盛んにリークしているという。

岡本社長が吹聴「加藤のバックにはT氏がいる」

「渋谷公園通り劇場」の支配人やNSC東京校の校長などを務めていたT氏のことです。
岡本社長は『加藤のバックについている』『加藤はT氏の会社に移籍する予定』などと吹聴しています。


渋谷劇場には加藤の極楽とんぼやロンブー、さらに大阪から出てきた雨上がり決死隊らが出演しており、T氏は売れていない頃の彼らの面倒よく見ていました。
そのT氏は大崎の急先鋒でもあったという。


「T氏は岡本さんと大崎さんの間の世代で大崎さんに何かと盾ついていた。吉本創業家の林家に婿入りした林裕章会長(故人)に可愛がられていましたが、個人で会社を経営したり、競走馬を所有するなど会社員らしくないど派手な生活ぶりが社内でも目立っていた。
林会長が05年に亡くなると翌年に退社します。


その頃から当時副社長の大崎さんの経営陣と創業者側の争いが本格化するのですが、T氏は08年の株主総会に現れ、経営陣を問い詰める質問を繰り返した。大崎さん側からすればT氏は何かと目障りな仇敵でしょう」


小誌がT氏を電話で直撃すると、『そんなことあるわけないじゃないですか。加藤とは(自分が吉本を)やめてから1度も連絡を取ってませんよ。大崎らは困ったら俺を悪者にするんやね』と言下に否定した。


加藤つぶしが着々と進む一方で、加藤自身も独立の意思を固めていると言う。
「未だに加藤は大崎、岡本、そして松本への不信感を抱いています。

ワイドナショー松本人志

松本は『ワイドナショー』で加藤と信頼関係ができているような話しぶりでしたが、きちんと腹を割って話し合っていない。

加藤からすれば、松本はあくまで大崎の弟分と言う認識で、信頼していない。

加藤を始めとした中堅芸人は、そもそも松本が事態収拾と称して、社内政治を駆使し、大崎体制を守ろうとしたことに”やな感じ”しか持っていません」(加藤を知る人物)

安倍首相と焼肉をする松本人志

現在は社内政治にご執心の松本だが、ワイドナショーを始め、実際の政治についての言及も少なくない。しかもなぜか政権よりの発言ばかりなのだ。


2016年、安倍晋三首相が同番組に出演しています。その後、17年5月21日の放送では共謀罪の成立について『いいんじゃないかなぁ』と賛同し、テロ防止のためには冤罪もしょうがないとまで言い切った。


2ヶ月後の7月16日の放送では加計学園問題を『わき見運転したようなもの』として、改憲などの問題は切り離して考えるべきだと発言。


その年の暮れには安倍首相の誘いに応じ、首相行きつけの高級店でワイドナショー出演者とともに焼肉を食べています。


政治的発言は松本自身のポリシーに基づくものかもしれませんが、吉本興業が政府肝いりのクールジャパン事業で国から100億円もの融資を受けていることを考えると安倍首相との近さは誤解を招いても仕方がない(スポーツ指揮者)


忖度しまくり?松本人志の過去

自ら「天才芸人」と称し、笑にストイックだった松本の変節を疑う声は、年々増え続けている。

ダウンタウンの番組にも今回の騒動の影響があったと日テレ関係者が明かす。
「スッキリで、編集者の箕輪厚介氏が吉本の一連の対応を批判していました。

実は箕輪氏はダウンタウンデラックス(日テレ系)の出演が決まっており密着取材も予定していたのですが、突然立ち消えとなりました。共演はまずいという忖度が働いたようです」


ダウンタウンと共演経験のある吉本芸人が語る。

「『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジ系)で前説をやらせてもらったことがありますが、楽屋の前で2人の到着を直立不動で待つのが慣例でした。


2人は時間通りに来ることがほとんどなく、10分の前説を1時間やらされることもあった。アーティストを待たせて怒らせることもありましたが、それでも番組スタッフや吉本の社員は誰も何も言えない。

たまに島田紳助さんが松本さんに対し、「お前、遅刻はアカンで」と注意するくらいでした」


後輩芸人の気遣いも並々ならぬものがあるという。
前出の吉本関係者が明かす。


「09年に松本ができちゃった婚をした際、お祝いの電話を入れなかった後輩の芸人が岡本さんから呼び出しをくらった。


散々嫌味を言われたり、恫喝されたそうです。松本の意を汲んでやったのでしょう」

吉本岡本社長

吉本興業は「そうした事実はございません」と否定。


松本と何度か合コンをしたことのある元タレントの女性がこう証言する。

宮迫さんや、FUJIWARAのフジモン(藤本寿敏史)さん、品川庄司の品川祐さんが同席することがありました。


ある日、恵比寿にあるバーの個室で遅くから始まったんですが、途中でSMAPの中居(正広)君が合流。中居くんは普通に楽しそうに飲んでいるのに、松本さんはほとんどしゃべらない。


中居くんがお会計していたのには驚きました。その後、港区にある松本さんのセカンドハウスに移動したんですが、松本さんはタクシー代を出してくれなかった。


しまいには後輩の芸人が『今日松本さんがどうしてもエッチしたいと言っている。誰かオーケーの子いないかな?』と頼んできた。


後輩にそんなことまでさせるなんてと女の子たちはドン引きでした」


まとめ:一体どこまでが本当なのか、にわかに信じがたい内容もありましたが。今まで通り、円満解決ということは難しそうな気配はしますね。

松本さんも「岡本社長の会見は0点、みんなを連れて松本興業を作る」というような発言をした後にこの記事ですから、内情と表向きとは違うのでしょうか。


一番、冷静にちょうど良いバランスを模索してくれる、後輩思いの松本さんという印象でしたので、今回の文春の記事が本当だったら、かなりイメージが覆ってしまいます。


合コンやナイナイに対しては若かりし頃の話で、今は大人な考えを持っているでしょうから、ワイドナショーで発言していることが本当なのかな?と思いたいですが、どんな結末で落ち着くのか、見守りたいと思います。


ワイドナショーでの松本さんの「お前らいつからそんなに偉くなったんだ?」発言記事はこちら