歌手・アーティスト

【画像】丘みどりの母親の死因は大腸がん・父親の職業と弟、実家を紹介

丘みどりの母親、父親、弟の画像

演歌歌手の丘みどりさんは、18歳でアイドルとしてデビューしました。

ずっと歌手になることを支えてくれ母親は、47歳の若さで亡くなっています。

父親と弟夫婦は実家で暮らしているそうです。

今回は、丘みどりさんの母親の死因と家族についてご紹介します。

丘みどりの母親の死因は大腸がん

丘みどりさんは、アイドルからへ転向し、2005年に演歌歌手としてデビューしました。

しかし、その翌年の2006年に最愛の母ががんで他界されたのです。

丘みどりの母親、父親、弟の画像

「母が大腸がんで、余命半年だというのです。ほかの場所にも転移していて、手術してもどうにもならないと……。母は私には元気そうにふるまっていたので、信じられませんでした。お仕事をお休みして、実家に戻り、つきっきりで母の看護をすることにしました」

引用元:女性自身

病気であることを、知らされていなかったのですね。

2005年に演歌歌手としてデビューできました」

「ところが、まもなく母にがんが見つかったんです。母の看病のために、芸能活動を一時、中止しました。母が亡くなったのは06年です。

演歌歌手になったのを喜んでくれた母です。どんな衣装にするか、舞台で何をしゃべったらいいのかなど相談もしていました。母の死去でもう何もかもがいやになり、投げやりな気持ちになりました」

引用元:エンタメ!それでも親子

丘みどりさんが紅白へ出場する姿を見ることなく、47歳の若さで亡くなられました。

丘みどりの母親はどんな人?

丘みどりさんが、歌手を目指したきっかけも母親の影響でした。

5歳の時に、人見知を心配して、母親と祖母が民謡教室に通わせたのがきっかけです。

母親も歌手を夢見ていたそうです。

丘みどりの母親、父親、弟の画像

「母自身も若いときに歌手を目指していたこともあり、歌に関してはとても厳しかったです。自宅でも稽古があり、ワンフレーズ覚えて歌えるようになったら、『眠ってもいいよ』と……。いわゆるスパルタ教育ですね。“一度始めたことはやめない”というのは、母から教わったことです。祖母も母も演歌が大好きでしたので、たくさんのコンサートに連れて行ってもらいました」

引用元:女性自身

小学校5年生のときには、兵庫県の民謡大会で優勝もしました。

母親は専業主婦だったそうで、丘みどりさんに常に付き添ってくれたそうです。

『やらずに後悔するよりもやって後悔する人生を送ってほしい』

今でも、母親からもらったこの言葉を大切にしているそうです。

丘みどりの父親の職業は?

丘みどりさんの父親は、公務員をしていました。

温厚な性格で、丘みどりさんが母親の死を受け入れられずにいた時のことです。

丘みどりの母親、父親、弟の画像

「父に歌手をやめたいと打ち明けると『帰っておいで』と言われ、実家に帰ったんですね。そこで怒られたりしたら反発したかもしれませんが、『みーちゃん、何とかなるやろ』と励まされたんです。続けようと決意しました」

引用元:エンタメ!それでも親子

優しく包んでくれる、素敵な父親ですね。

丘みどりの弟はどんな人?

丘みどりさんには、4歳年下の弟が1人います。

丘みどりの母親、父親、弟の画像2012年に結婚され、2013年に子供が生まれています。

現在は、実家の兵庫県姫路市で弟家族と、父親、祖父と同居しているそうです。

丘みどりの母親、父親、弟の画像弟さんとは、なんでも話せる仲良し姉弟だそうです。

弟の子供のことを、丘みどりさんは溺愛しています。

error: