女優・俳優

【動画】二階堂ふみは歌が上手いor下手?歌唱力や歌っている評価

紅白歌合戦で赤組の司会にもなった、女優の二階堂ふみさん。

紅白では歌声も披露していますが、歌唱力はどのくらいなのでしょうか?

NHKの朝ドラでも歌を歌っていましたが、この時も「上手い」「下手」と評価が分かれていました。

今回は、二階堂ふみさんの歌についてご紹介します。

二階堂ふみは歌が上手い?下手?

紅白での歌唱

二階堂ふみさんは、2020年12月31日のNHK紅白歌合戦で司会を努めながら歌も披露しています。

「今こそ歌おう みんなでエール 特別企画」で、『紅白 ディズニースペシャルメドレー』の中で氷川きよしさんとティエットをしています。

二階堂ふみの歌唱力と歌が上手い下手出典元:NHK紅白HP

二階堂ふみさんが歌ったのは、映画アラジンの主題歌「ホール・ニュー・ワールド」です。

ディズニーパーク内で事前収録された映像が、当日流れます。

朝ドラでの歌唱は口パク?

二階堂ふみさんは、2020年3月30日から11月27日まで放送された、NHK連続テレビ小説「エール」でも歌を披露していました。

放送中に何度か歌のシーンがありましたが、最初はうまくなかったと制作スタッフが語っていました。

二階堂ふみの歌唱力と歌が上手い下手一部、口パクのシーンもあったようですが、これは歌唱力の問題ではなく、コロナウイルス感染予防の対策だったそうです。

「大きな声での歌唱は、飛沫感染のリスクが懸念されました。そのため、すべてのシーンではないですが、場合によっては、歌を事前収録して本番は口パクにするなど、コロナ禍前には予定していなかった対応をする必要もありました」(前出・ドラマ関係者)

引用元:女性自身

ボイトレを受けていた

二階堂ふみさんは、「エール」に出演したくてオーディションを受けたそうです。

その為に、オーディション前の2019年の夏から自腹でボイストレーニングへ通っていました。

後日談で、オーディションでの歌唱力の評価は低かったそうです。

二階堂ふみの歌唱力と歌が上手い下手あくまでも、演技力の方で受かったそうですが、撮影中もボイトレを続けてたのでした。

すると、歌がどんどん上手くなって行き、歌唱シーンが増えたそうです。

二階堂が美しい歌声を披露したが、これは二階堂の努力の賜物だとチーフ演出の吉田照幸氏は言う。そして、二階堂の努力と成長を感じ、歌唱シーンを増やしたことも明かした。

(中略)

「二階堂さんは最初はこんなにうまくなかったんですけど、この1年、本当に努力されてあそこまで。ちょっと感動しました」

引用元:マイナビニュース

視聴者からは、「感動した」「上手い」など高評価な感想が寄せられたそうです。

二階堂ふみの歌っている動画

二階堂ふみさんの、歌っている動画をご紹介します。

2014年公開映画「日々ロック」内で、トップアイドル・宇田川咲として歌ったシーンです。

次は、2016年12月9日放送の「ウタフクヤマ」という番組で、プレスリーを歌いました。

歌うのが大好きという二階堂は「ここで歌うとすれば?」と尋ねられると、彼女はエルビス・プレスリーの“Can’t help falling in love”を選曲。

早速セッションが始まると、二階堂のパフォーマンスとリリーによる演出が予想外の展開を見せ、福山は「(二階堂は)存在自体が“サービス精神”」と大喜び。

出典:テレビドガッチ

2020年11月6日の、朝ドラ「エール」のメイキング動画です。

徐々に歌が上手くなっているのが、わかりますね。

二階堂ふみさんは、菅田将暉さんやその周辺のミュージシャンとも交流があります。

音楽に触れ合う機会も多い中、今後は女優業の他にもミュージカルや歌手デビューなど幅を広げていくかもしれませんね。

error: