テレビ・映画

ネメシスの黒幕は橋本環奈?真の黒幕は映画で明かされる?最終回考察

ネメシス黒幕、橋本環奈、最終回、考察、映画、真の黒幕

ドラマ「ネメシス」の黒幕が、橋本環奈さんではないかという予想がされていますね。

3つの怪しい伏線がったのですが、それらが最終回で明らかになるのでしょうか?

当サイトでは、ネメシスは映画化が決定していますので、橋本環奈を動かす、さらなる本当の黒幕がいると予想。

その根拠と最終回の考察をお伝えします。

ネメシスの黒幕は橋本環奈?怪しい伏線3つ

ネメシスの本筋となる、ミステリーは広瀬すずさん演じる、アンナの父親の失踪事件です。

その黒幕が誰なのかを推理しながら、盛り上がっていますよね。

黒幕として、怪しいと言われているのが橋本環奈さん演じる天才数学少女・四葉朋美です。

伏線①アンナの名前を知っていた

初登場シーンで、八景島シーパラダイスにて「アンナの名前を知っていた」点です。

名乗ってもいないのに、知っていた。

潜入して、探りを入れにきたのでは?と推測できます。

伏線②デカルト女学院の出身

天才が集まる女学院なので、四葉朋美が卒業生でも不思議はない。

江口洋介さん演じる、栗田一秋が探していた資料が、破られていたのも、四葉が先回りしていたのでは?と推測できる

伏線③アンナのネックレスに興味を示す

4話で、アンナのネックレスに興味を示していました。

「アンナちゃん、そのネックレス。変わった形してるよね?」

「お父さんからもらったの?」

と尋ねるシーンがありました。

ネメシス黒幕、橋本環奈、最終回、考察、映画、真の黒幕このネックレスには、アンナの父親が関係するデータが入っています。

このデータの秘密を、数学的に解き明かし、情報を得ようとしているのではと推測れます。

さらに、アンナの母親について質問をするのも、探っているように感じます。

ネメシスの黒幕は橋本環奈でさらなる黒幕が映画で明かされる?

ネメシスの最終回の予想として、橋本環奈さんが黒幕だったという展開が予想できます。

さらに、ネメシスは映画化が決まっています。

ネメシス最終回はいつ?

ドラマ最終回は、2021年6月13日と予想していますが、映画は2021年8月公開です。

ドラマの最終回から、すぐの8月に公開ということで、真の黒幕は映画で明かされる!という展開になるのではないでしょうか?

(あくまでも個人の感想です。)

「予想」映画のあらすじは?

橋本環奈さん演じる四葉は、自分の母の死についてアナンに話していました。

アンナも母親の死の真相を探っていて、真の黒幕にその鍵を握るのがアンナの父親であると、そそのかされているのではないでしょうか?

劇場版では、そのことに気がついたネメシスの人たちが、四葉と共に真の黒幕を追い詰めるというストーリーになるのではと、考察しています。

四葉(橋本環奈)も、真の黒幕に利用された被害者だったとなれば、アンナと共に応援したくなるという心理になりませんか?

橋本環奈さんが、ただの極悪犯人役とは、考えづらい気がします。

あくまでも個人的な考察ですが、わざわざ映画化にする理由を考えると、ドラマの延長戦の話になるような気がします。

ネメシス映画公開日はいつから、あらすじ、前売り、特典
【ネメシス】映画公開日はいつ?前売り特典やあらすじ&嵐が出演の真相櫻井翔さんと広瀬ありすさん主演ドラマ「ネメシス」の、劇場版が公開されます。 映画化はドラマ撮影前から決まっていました。 映画...
error: