タレント

マツコデラックスの昔の仕事は?美容師から雑誌編集になって引きこもり!

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもり

マツコデラックスは昔、雑誌編集の仕事をしていたと話していますが、それ以前は美容師だったそうです。

しかも、テレビに出るようになる直前は2年間も引きこもりだったというのです。

一体、どんな人生を送ってきたのでしょうか?

マツコさんの昔の画像と共に過去の職業をまとめてみました。

マツコデラックスの昔の仕事①美容師

マツコ デラックスさんは千葉県の犢橋高校を卒業して、東京マックス美容専門学校に進学しました。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもりTwitterより

「高校卒業する年ぐらいかな?遊びに行くときに女装していたのよ。完全に趣味だったの」

引用:スポニチ

女装に興味を持ったのは、資生堂のフリーマガジン『春椿』を見た時だったそうです。

ファッションやメイクに惹かれて、始めてみたそうです。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもりTwitterより

女装をしてクラブに行き、ステージに上がって目立つことが楽しかったと語っていました。

美容師の免許を取得し、美容院でしばらく働いたそうです。

しかし「何かが違う」と違和感を感じ転職をすることにしたそうです。

現在もメイクは自分で行なっているとのことなので、好きな気持ちは変わっていないみたいですね。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもり

2016年8月25日放送の「夜の巷を徘徊する」では、美容学校を訪れて約25年ぶりに髪をロッドで巻いていました。

マツコデラックスの昔の仕事②ゲイ雑誌の編集と記者

美容師をやりながら何か違和感を感じていたマツコさん。

テレビに積極的に出演している同性愛者の人達を見て、考えさせられたそうです。

マツコさんは、このままで良いのかと自分の人生を見つめなおしました。

そして、選んだ転職先は、ゲイ雑誌『バディ』(テラ出版)の編集者でした。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもりBadi

編集として働く中、そのトーク力に光るものを感じた周囲が記者としての執筆活動をするよう促したそうです。

この時書いた記事が後々、マツコさんの運命を大きく変えることとなりました。

5年ほど『バディ』で働いたのですが、人間関係が原因で退職したそうです。

マツコさん20代後半のことでした。

仕事を辞めて実家で引きこもり生活が始まったのです。

マツコデラックスの昔の仕事③引きこもり

マツコさんは、2年間も引きこもり生活をしていたそうです。

友人が心配してメールをしても「ダメかも」と弱気な返信だったといいます。

この引きこもり生活中の闇が、今のマツコさんのダークな深い闇を形成していたのかもしれません。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもりTwitterより

引きこもり中は、「自分より不幸な人を見つけて救われたい」と思っていたそうです。

高校の同級生に連絡をとっては、プライベートな情報を聞き出していたのです。

結婚、子供、収入、仕事などを表にまとめては、同級生の幸せ度ランキングを作成していたというのです。

60人の同級生をランキング付けした結果、最下位はマツコさん自身だったそうです。

これにより引きこもりは、さらに酷くなって行き、トイレ以外はベットの上で過ごしていたのでした。

マツコデラックスの昔の仕事④引きこもりからの復活

引きこもり生活が2年で終わりを迎えたのには、どんなきっかけがあったのでしょうか?

調べてみますと、一人の「恩人」の存在がありました。

ある日、マツコさんへ対談のオファーがやってきたのです。

対談相手は、小説家でエッセイストの『中村うさぎ』さんでした。

実は、マツコさんが『バディ』時代に書いたコラム記事を中村うさぎさんが読んでいたそうです。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもりTwitterより

この面白い人と対談してみたいという、奇跡が起きたのでした。

天性のトーク力で、対談をこなしたマツコさん。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもり

中村うさぎさんから、「あんたは書くべき人間」と才能を見出されたのです。

コラムニストとして、活動を始めることになったのでした。

マツコデラックスの昔の仕事⑤コメンテーター

コラムニストとして執筆活動を始めたマツコさんですが、生活は苦しかったそうです。

アルバイトや借金もしていたそうです。

ちなみに新宿2丁目以外にも、交通量調査のバイトを1回したことがあるそうです。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもり

しかし、徐々に週刊誌からオファーが来るようになったり、新たな転機がやってきました。

ある人の助けのおかげでテレビに出演することになったのです。

それが、2丁目仲間のミッツマングローブさんでした。

徳光和夫さんの甥のミッツさんが、徳光和夫さんの次男 徳光正行さんへマツコさんを紹介したのがきっかけでした。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもりTwitterより

2005年4月29日に徳光正行さんが初代MCを勤めていた東京MX『5時に夢中!』のゲストコメンテーターとしてマツコさんが出演したのです。

出演の経緯は、出演者の高山善廣さんが急病により代役が必要になりました。

そこで、徳光正行さんがプロデューサーへ「面白い奴がいる」と推薦したのです。

無名のマツコさんが金髪女装家として出演した時の画像がこちらです。

マツコデラックス 昔 職業 美容師 雑誌編集 引きこもりTwitterより

そのトーク力とキャラクターがウケて、たちまち話題になりました。

この縁がきっかけで、仕事がどんどん舞い込むようになったのです。

今でも、まつこさんは『5時に夢中!』のコメンテーターをしています。

そして、ギャラも他局よりも低めにして、感謝の気持ちを持ち続けているそうです。