女優・俳優

前田敦子は気性が荒い?性格の悪さや気が強いエピソードが離婚の原因?

前田敦子の性格の悪さ、気性、気が強いエピソード

交際4カ月でスピード婚、結婚生活2年半で離婚となった前田敦子さん。

離婚の原因は、前田敦子さんの気性の荒さやヒステリックなところではと言われています。

結婚生活の中で、元夫の勝地涼さんが相当耐えてきたとも報じられています。

今回は前田敦子さんが、性格が悪いと言われてしまう気が強いエピソードをご紹介します。

前田敦子は気性が荒い?ヒステリーなエピソード

AKB時代からも、性格が悪いとか気が強いなどと言われてきました。

それは、結婚生活でもありました。

2019年5月23日発売の『週刊文春』が、路上で勝地涼さんにブチギレる前田敦子さんをスクープしました。

前田敦子の性格の悪さ、気性、気が強いエピソード前田敦子さんは、自宅で膝の靱帯を損傷する怪我をしてしまい、車椅子生活をしていました。

勝地良さんは子供を抱っこしながら、前田敦子さんを迎えに来ていました。

しばらくすると、前田敦子さんが立ち上がり、足を引きずりながら50m歩き…

前田敦子の性格の悪さ、気性、気が強いエピソード路上に倒れ込むと、勝地涼さんを睨みつけ罵声を浴びせたそうです。

周囲を通りかかった人は、すごい剣幕だったと証言しています。

現場近くにいた目撃者によると、前田は奇声を上げてわめき、勝地は呆然と立ち尽くしていたといいます。結婚してからはいつもそんな感じで、ヒステリーがひどいらしく、勝地が困り果てることも少なくないと聞こえてきています。

引用元:日刊大衆

赤ちゃんや通行人のいる前で、芸能人である自身と夫の立場よりも、自分の気持ちを吐き出す方を優先している姿に、気性が荒いと言われてしまっているようです。

前田敦子の性格の悪さエピソード

ヨーグルト事件

前田敦子さんは、気に入らないことがあると物を投げることがあるそうです。

知人の間でもケンカの激しさは知られていた。「お互い素直で短気な性格は似ており、育児をめぐり、たびたび衝突していた。ワンオペ育児にストレスを抱えた前田が勝地を怒鳴りつけ、モノを投げつけることもあった」

引用元:東スポWEB

AKB時代にも、差し入れのヨーグルトが気に入らず、中身が入った状態で壁に投げつけたそうです。

この一件は、『ヨーグルト事件』と言われ伝説化しています。

ジャイアンみたいな性格

前田敦子の性格の悪さ、気性、気が強いエピソード

「AKB時代は自ら『ジャイアンみたいな性格』と語っていて、女王様気質でした。後輩の指原莉乃は、いまだに前田を前にすると緊張するそうです。人の好き嫌いが激しいところもあり、AKB時代は、一部のスタッフ以外とはほとんど会話をしない時期もありました。

引用元:AERA

パニック症候群?

2019年6月5日放送の『ホンマでっか!?TV』に出演した際のコメントです。

前田は、自身が「すぐパニックになる性格」だと話し、子どもが「私のようにいつか爆発する子にならないか心配」だと悩みを明かした。

引用元:日刊大衆

例えば、探し物が見つからない時もパニックになるそうです。

元夫の勝地涼さんは、一緒に探して「見つかったから落ち着いてね」となだめてくれたとも話していました。

前田敦子は母親に依存して夫を疎外していた?

前田敦子さんは、育児のストレスから母親を頼るようになったそうです。

どんどん夫は、疎外されてしまう状態だったようです。

そして、勝地涼さんは子供好きとのことで、子育てに積極的だったと言われています。

前田敦子の性格の悪さ、気性、気が強いエピソードしかし、前田敦子さんは「何で私ばっかり」と物足りないと思っていたと報じられていました。

どんどん疎外され家出をしたり別居をしたりをする中で、「ワンオペ育児」だと思っていたそうです。

「乳幼児の育児ストレスから感情の起伏の激しくなる前田さんに対して、勝地さんが穏やかに対応したり、前田さんの両親が住むマンションの別の部屋に引っ越して実母のサポートが受けられるようにしたり、2人は努力もしていました。

勝地さんは外で飲むのが大好きでしたが、一時はそれも控えて完全に家庭優先の生活を貫いていました。小栗旬さんら俳優仲間も『勝地はよくやっている』とほめていたほどです」(芸能マネージャー)

引用元:AERA

実際のところ、夫婦間のことは分かりませんが…

勝地涼さんも、キレやすいという情報もあります。

前田敦子の性格の悪さ、気性、気が強いエピソード喧嘩がエスカレートして、前田敦子さんが骨折する怪我をしたと、一部で報じられてもいます。

それでも、パニックになる前田敦子さんを押さえつけようとしたのか…

いい加減にしてくれと我慢の限界に達したのか…

同情する声の方が多いように感じます。

error: