国内ニュース

【わかりやすく】線状降水帯の予測予報・避難注意情報はいつどんな時に発生するの?

線状降水帯注意情報とは、いつ発生するの

「線状降水帯」が原因で、大雨の被害が増えていますよね。

気象庁は、命を守る避難誘導の為に2021年6月より新たに「線状降水帯」の被害を予測し予報と注意情報を知らせる事を決定しました。

「線状降水帯」予報・注意情報は、いつどんな時に発生するのかを分かりやすくご紹介します。

「線状降水帯」予測予報の注意情報とは?いつ発生するの?

「線状降水帯」による、甚大な大雨の被害が予測される地域に情報を発信されます。

気象庁が定める「気象警報等の防災気象情報」の5段階の警戒レベルがあります。

線状降水帯注意情報とは、いつ発生するの引用元:ウェザーニュース

「線状降水帯」は警戒レベル4の紫の段階で発令されます。

すでに避難が必要な状況で、その地域で「線状降水帯」による被害が発生と想定される3〜2時間半ほど前に、避難のラストチャンスである事を知らせる目的があるそうです。

線状降水帯注意情報とは、いつ発生するの

「線状降水帯」注意情報の定義は?

「3時間の積算雨量100ミリ以上の面積が500平方キロメートル」などの条件を満たした場合に注意情報を発表

気象庁は、2021年6月中旬を目処に、運用を開始する予定との事です。

しかし、その情報をどのように伝えていくかは、まだ決まっていないそうです。

全ての避難対象者に、確実に情報を届ける為には課題が残っているようです。

「線状降水帯」とは?

「線状降水帯」が発生するメカニズムは、

  1. 高気圧に挟まれて梅雨前線が停滞する
  2. 湿った暖かい空気が流れ込む
  3. 積乱雲が次々に発生する
  4. 50~300キロメートルにわたり積乱雲が列をなす
  5. 同じ場所で長時間激しい雨を降らせる

「線状降水帯」による過去の甚大な被害は?

「線状降水帯」の注意情報を新たに取り入れる経緯は、主に2019年の熊本・球磨川氾濫による被害からだそうです。

避難誘導がもう少し早ければ、助かる命がたくさんあった教訓からです。

さらに、過去には2017年の九州北部豪雨、2015年の関東・東北豪雨でも、大きな被害がありました。

「線状降水帯」による被害を最小限に抑える為に、注意情報でいち早く避難を呼びかける事になったのです。

error: