歌手・アーティスト

草野華余子の学歴は?関西大学や高校、LiSAとの出会いと経歴まとめ

アニメ「鬼滅の刃」の主題歌で、LiSAさんがう歌う「紅蓮華」の作曲である草野華余子(くさの・かよこ)さん。

学生時代に就職活動をやめて、音楽の道に専念する事を決め「カヨコ」名義で活動していました。

LiSAさんには「紅蓮華」よりも前から、楽曲提供をしていますがどのような経歴なのでしょうか?

今回は作曲家の草野華余子さんの学歴と経歴をご紹介します。

草野華余子の学歴・幼少期から中学時代

草野華余子さんは、1984年2月25日生まれの現在36歳です(2021年2月時点)

大阪府出身で、現在は東京都在住です。

クラシックに馴染みのある家庭の長女として、生まれました。

3歳の頃から、ピアノと声楽を習う英才教育を受けたそうです。

草野華余子の高校と大学、経歴、LISAとの出会い妹がいて、妹がぬいぐるみ12体にそれぞれのテーマ曲を作って欲しいとお願いされたそうです。

5歳にして、妹の願いを叶えるべく作曲をしたのが原点でした。

小学校では、「アニメオタク」と仲間外れにされてしまった辛い時期があったそうです。

その為、家に帰って作曲をして過ごしていたのでした。

草野華余子の高校と大学、経歴、LISAとの出会いそんな草野華余子さんは、中学生の時にJ-ROCKに出会い、衝撃を受けたそうです。

そして、矢井田瞳さんやbirdに強く憧れを抱いました。

草野華余子の学歴・高校から関西大学へ進学

高校時代の事は、あまり語られておらず、出身校の名前などもわかっていません。

その理由は、明るい高校生活ではなかったのが原因なのかもしれないです。

「中学、高校ぐらいでいじめられてたからですかね、けっこう人の顔色伺ったりとか。」

引用元:エンタメ特化情報メディア スパイス

高校を卒業すると、関西大学へ進学しました。

そこで、「軽音楽部Ⅰ部」に所属する事にしたのです。

「軽音楽部Ⅰ部」とは、色々な音楽団体がある中で、特にストイックに音楽に取り組むところだったそうです。

草野華余子の高校と大学、経歴、LISAとの出会い自分の知らなかった音楽のジャンルを、たくさん仲間たちから刺激を受けて幅が広がっていきました。

大学在学中に100曲以上作曲をして、先輩にオーディションを勧められて受けるようになったそうです。

草野華余子の経歴とLiSAとの出会いは?

大学を卒業後は、大阪を拠点にアルバイトをしながらシンガーソングライターとして活動をしていました。

しかし27歳の時にポリープが見つかり、音楽での道を諦めようとしたそうです。

ところが、たくさんの音楽仲間が作曲で頑張れと励ましてくれたのでした。

そこからLiSAさんとの運命の出会いが待っていたのです。

草野華余子の高校と大学、経歴、LISAとの出会いLiSAさんが楽曲を募集していると言う情報があり、アニメオタクだった草野華余子さんは、ファンとしてLiSAさんのライブを見に行っていたのです。

LiSAさんが、アニメ『Angel Beats!』の劇中バンドのボーカリス時代からのファンだったそうです。

そんな人に楽曲提供できるチャンス!

これが採用されなければ、音楽の道は諦める覚悟で望んだそうです。

草野華余子の高校と大学、経歴、LISAとの出会い草野華余子さんは、コスプレや同人誌を描き、コミケにもいくほどのガチオタクです。

その趣味から、アニメ好き仲間経由でLiSAさんの当時のディレクターに「アニメへの深い理解ができる作曲家がいる」と紹介してもらえたそうです。

LiSAさんに合う曲をいくつか書いてみてと言われ、その中の1曲が採用されたのでした。

その時の曲が『DOCTOR』です。

これを期に作曲家への道が開けました。

コチラの動画では、LiSAさんと草野華余子さんがティエットを歌っています。

その後は、LiSAさんの名作「シルシ」をはじめとした、「ソードアート・オンライン」シリーズの作曲。

他のアーティストへの楽曲提供などを経て、「紅蓮華」の作曲へと繋がったのでした。

error: