未分類

【草】意味やTwitter・ネットでの使い方は?若者に今更聞けないネット用語

TwitterやLINEなどのSNS上で、使われているネット用語の「

意味がわかっていないけど、今更聞けないと言う人もいるのでは?

実は、同じような意味合いの(笑、w)などの用語を使っている人は年代がバレてしまうらしいのです。

今回は、「草」の意味と使い方と年代別の用語について解説します。

Twitterでよく見る【草】の意味はなに?

と、このように「〜草」とつぶやいている人がいますよね。

この「草」の意味ですが、ネット上では「笑い」を意味する用語として使われています。

「草」の意味

「笑える」「大笑い」「うける」「面白い」

読み方は「くさ」とそのまま読みます。

「草」の語源は?「(笑)」→「w」→「草」への進化

では、なぜ「草」が「笑い」を意味しているのでしょうか?

1990年代後半後半から、2000年代前半に、まだSNSが主流ではなかった頃、ネット上では、「(笑)」とカッコで気持ちを表していました。

そこから、「笑い」を表現する為に主流になったのが「」です。

一説によると、海外オンラインゲームなどで、ローマ字しか入力できないので「warai」と表記するようになったようです。

その頭文字を取って「w」となったと言われています。

2000年代前半に2ちゃんねる(現・5ch)で「草=笑」と書き込まれいました。

そして「大笑い」を表す時は、笑いの度合いを「w」の数で表すように。

「wwwwwww」とwを連続して打つようになったのです。

では、ここからどうやって「草」に変わったのか?

「wwwwwww」が「草原」や「大草原」「芝生」のように見えるとなったのです。

ネット用語SNSのコメントの草の意味を解説する画像そこから、簡略化して「草」と一文字で表すようになったそうです。

一部のネット民で使われていた「草」が一般的にSNSで使用されてるようになったのは、2016年以降と言われれいます。

この進化を見ると、「笑」「w」「草」と、どの表現をするかで、何となく年代がわかってしまうのかもしれませんね。

「草」の使い方と解読の注意点

自分のコメントに使う場合も、相手からのメッセージから意味合いを読み解く時の注意点をご紹介します。

「笑い」「面白い」で使うケース

  • あの新人可愛すぎて草
  • このアニメ草必死
  • 草不可避

不可避や必死と組み合わせると、「面白いこと間違いなし!」という意味で使えます。

「草」一文字で使うケース

これは、その前後のメッセージのやりとりの流れによって、意味合いが変わってきますので要注意です。

あなたや、相手の発したメッセージに対して「面白い」という気持ちを表すパターンもあります。

しかし、「苦笑い」や「苦笑」「ふんっ」と鼻で笑った感じの場合もあります。

顔文字で言えば、「(^^;)」の意味合いの時ですね。

今更、自分も使うのには抵抗がある人も、相手からのメッセージの解読ができるようになれば、もっと楽しめそうですね。