テレビ・映画

【紅白】テレビからの審査方法は?視聴者投票のやり方を解説するよ

紅白審査

2020年12月31日のNHK「紅白歌合戦」は、視聴者の投票も審査の対象になります。

また、視聴時間によって投票できる票数も変わってきます。

せっかく見るなら、投票もしたいですよね。

今回は、紅白の審査方法についてわかりやすく解説します。

2020年紅白の審査方法は?

2020年大晦日の「第71回紅白歌合戦」は、会場の審査員の他に、全国の視聴者投票数も加わります。

今年の審査員は、9組み10人となりました。

  1. 黒柳徹子
  2. サンドウィッチマン
  3. 杉咲花
  4. 染谷将太
  5. チコちゃん
  6. 宮崎美子
  7. 宮本亞門
  8. 室伏広治
  9. 吉沢亮

サンドイッチマンが2人で1票なのか、それぞれで投票するのかは不明です。

審査員の審査もデータ放送の投票です。

これに、視聴者からの データ放送投票の数が加算されます。

2020年紅白の視聴者投票のやり方は?

視聴者投票ができる環境

地上波・NHK総合テレビのデータ放送、BS4K・8Kのデータサービスに対応していて、ネットにつながっている必要があります。

視聴時間が長いと多く投票できる

視聴時間が長いと、「投票ボール」が貯まり最大5票を投票することが可能になります。

投票ボールは、5分間の連続視聴を10回で1個たまる

視聴時間は5分間の連続視聴を計測、5分を10回で投票ボールが1個増えます。
下記のように、5分を1パックとして計測します。
<例>
連続で50分⇒ボール1個
連続で20分(5分×4回)、20分(5分×4回)、10分(5分×2回) ⇒ボール1個
連続で3分(5分×0回)、7分(5分×1回)、5分(5分×1回)、43分(5分×8回) ⇒ボール1個

引用元:NHK紅白HP

貯まったボールの数は、データ放送(リモコンのdボタン)で確認できます。

投票できる時間は?

投票は、全出演者のパフォーマンスが終わってから可能です。

番組は23時45分までなので、その5分〜15分前頃から投票が開始されると思われます。

  • 投票は1回のみ
  • 所持している投票ボール全てを「紅」「白」どちらかに投票
  • リモコンの「赤」ボタンで紅組に投票
  • リモコンの「青」ボタンで白組に投票

5つの投票ボールを、赤3・白2など分けて投票することはできません。

紅白の審査に参加できるのは、楽しそうですよね。

error: