歌手・アーティスト

【画像】小松美羽は結婚してる?かわいいのに性格は幼少期から天才

2020年の24時間テレビ「チャリTシャツ」の、デザインを担当した小松美羽さん

現在アートの美人画家として活躍されています。

とてもかわいい容姿をされていますが、魂や神獣が見える、不思議な世界観を持っている天才です。

今回は、小松美羽さんの幼少期や性格、結婚しているのかなどをご紹介します。

小松美羽のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miwa_Komatsu(@miwakomatsu_official)がシェアした投稿

  • 名前:小松美羽(こまつ・みわ)
  • 生年月日:1984年11月29日
  • 年齢:35歳(2020年現在)
  • 出身:長野県坂城町
  • 血液型 O型
  • 出身大学:女子美術大学短期大学部 2004年度卒業
    (教員免許取得)
  • 趣味 狛犬研究・温泉巡り・海外旅行
  • 特技 薙刀(北信越3位)

女子美術大学短期大学部在学中に、銅版画の制作スタートさせ画家としての人生を歩み始めます。

小松美羽の作品

小松美羽の作品は、狛犬や神獣などが多く描かれています。

2020年24時間テレビのチャリTシャツのデザインも狛犬です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miwa_Komatsu(@miwakomatsu_official)がシェアした投稿

中央に狛犬、上部に平和の象徴の鳩、狛犬を囲むように世界各国の「祈り」の言葉が描かれています。

小松美羽は結婚してる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miwa_Komatsu(@miwakomatsu_official)がシェアした投稿

小松美羽さんは、35歳現在独身です。

2015年に放送された、「情熱大陸」では恋には奥手で結婚願望もないと語っていました。

妹さんと一緒に住んでいて、ひたすら絵を描く日常だそうです。

美人でモテそうですが…

人との繋がりは、「学び」と捉えているそうです。

精神世界の高尚な価値観を、持っているようでした。

彼氏はいなくて、部屋は漫画で埋め尽くされていました。

小松美羽は幼少期から性格が変わっていた?

2020年7月6日放送の「しゃべくり007」では、幼少期から独特な世界観を持っていたことを明かしていました。

幼少期は祖母に怒られていた

幼少期は、いっぱい絵を描きすぎて、捨てられたそうです。

その絵が異次元すぎて、日本画家好きの祖母に花を1時間見せられ、この通りに描くようにと言われたほどでした。

小松美羽の幼少期の画像しかし、花にいる虫を描いてしまい怒られていたそうです。

幼少期から現在の画風のような、少し不気味な絵を描いていたのです。

その為、家族は心配したのかもしれませんね。

賞などを獲ったこともなかったそうです。

美術クラブで友達と似顔絵を描きっこした時も、毛穴をガン見したりして泣かせてしまったとか…。

着眼点が、違ったのですね。

子供のから魂が見えていた

幼少期から、可愛らしい動物の絵ではなく「原種」と呼ばれる動物を描くの好きだったそうです。

古来より姿を変えていない、オカピなどを描いていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miwa_Komatsu(@miwakomatsu_official)がシェアした投稿

 さらに、15歳の時にペットのうさぎ(ラビちゃん)が亡くなった時に「魂」が抜けていくのが見えたそうです。

ラビちゃんの奥さんうさぎが、その魂を追って歩いていたと話していました。

そして、そのうさぎを描いたそうなのですが、うさぎの骨格を描いたそうです。

魂が抜けた、ラビちゃんの骨の方に興味があったというのでした。

学生時代はマンガ家になりたかった

学生時代は、マンガ家になりたかったそうです。

当時描いていたマンガは、「味噌汁の世界」とのことです。

いっぱい魚が生きていて、すごい出汁が効いているんです。

日本海は日本の出汁

アメリカの方に行くと、アメリカに生息している出汁

それを色々なシャチが食べに行く

という話でした。

この発想からも、不思議で独特な世界観の持ち主ですよね。

瞑想は欠かせないそうです。

小松美羽の評判は?


error: