ジャニーズ

岸優太と妹とのエピソードまとめ!年齢やインスタ、溺愛っぷり紹介

king & Princeの岸優太さんは、3歳年下の妹がいます。

子供の頃から仲が良く、溺愛しているエピソードを多く語っています。

また、岸優太さんの妹と名乗るSNSもあるというのでご紹介します。

岸優太と妹とのエピソードまとめ

岸優太さんは、父子家庭で育ったと言われています。

岸優太の家族構成は?父子家庭で母親は離婚・兄妹のエピソード紹介king & Princeの岸優太さんは、優しいリーダーで天然なキャラクターが人気ですよね。 優しい性格は、少し複雑な家族構成で育...

母親代わりに、岸優太さんが妹の面倒をみていたそうです。

岸優太さんは、1995年9月29日生まれの24歳(2020年8月時点)です。

妹さんは3歳下なので、1998年生まれの21歳ですね。

それでは、岸優太さんが妹を溺愛するエピソードをご紹介します。

妹エピソード①バク転の撮影

岸優太さんがバク転の練習をする時、妹が動画を撮影してくれたそうです。

その動画でフォームを確認していたそうですよ。

仲が良いのが伝わってきますね。

妹エピソード②ごっこ遊び

妹とは、よく一緒に「ごっご」遊びをしていたそうです。

  • 釣りごっこ
  • 海上保安官救助ごっご

釣りごっこは、妹が中学2年生くらいまで一緒に遊んでいたそうです。

二段ベッドを船にして、上の段から糸を垂らした釣りごっこだったそうです。

海上保安官救助ごっごは、お風呂で溺れたマネをした妹を救助するという遊びでした。

とても想像力が豊かですよね。

とても微笑ましいエピソードです。

妹エピソード③ペンギンの携帯ケース

ある日、家にペンギンのデザインのアイフォンケースが落ちていたそうです。

岸優太さんがそれを気に入り、勝手に使用していたところ…

「それ私の…」と妹に言われたそうです。

最終的には、妹さんから譲ってもらったらしいです。

妹エピソード④バレンタインチョコ

毎年、妹さんは友チョコを作り、1つ岸優太さんにもくれるそうです。

しかし、妹さんが高校1年生になった年に、

「でも今年はもう高1だからもらえないかなぁ…」

と嘆いていたそうです。

妹さんからのチョコ、嬉しいんですね。

妹エピソード⑤お金を貸す

「このあいだ妹にお金を貸してあげました。今までは100円すら貸さなかったくらいケチな兄だったんですけど、いいお兄ちゃんでいたいなっていう気持ちが芽生えてきて。返すからって言ってきたので、

買ってあげるではなく貸すで。利子をつけず貸してあげました(笑)」

引用元:2019年SODA7月号

いくらかして、目的は何だったのかはわかりませんが欲しいものがあったのでしょうね。

妹さんが、何かをおねだりしてきた事があり既読無視をしていると話していた事もあります。

頼られている証拠ですね。

妹エピソード⑥しつけ

雑誌で「最近身近で起きたバトル」に対して、妹とのエピソードを話していました。

「バトルはしてないけど、ムカッときたことならあるよ。

妹にハワイのお土産のチョコを渡したら、お礼がなかった!

”当然”みたいに手を出してきて!!今回は面と向かって怒ってないけど、いつか無礼だっと気付いてほしいね」

妹エピソード⑦感謝

永瀬廉さんのラジオ「庭ラジ」2019年9月12日放送回に、岸優太さんがゲスト出演しました。

この時、「Letter」という曲の歌詞の話題での発言です。

廉:岸くんはどこの歌詞が好き?

岸:”当たり前なんかじゃない、君ががそばにいること“

ですかね。当たり前の日常は無い。日常じゃないんだよって。

廉:そうなの、体験してから気づくような歌詞よね。それこそ母親とか。いつも何気なく家事とかやってくれてるけど、一人暮らしして初めて気づくやん。

岸:そうなんだよ。恋愛じゃなくても全然置き換えられるんだよ。親のありがたみだったり、俺は兄弟かな?

岸優太の妹のインスタは本物?

岸優太さんの妹だと名乗る、SNSのアカウントがあります。

岸優太の妹のインスタ画像

このアカウントが、本物の妹なのか話題になりました。

しかし、アカウントの画像が乃木坂46の伊藤純奈さんなのです。

乃木坂46のオフィシャルブログに同じ写真が掲載されています。

ただ、ファンの画像をアイコンにしている人は多いですのでこれだけでは偽物とは言い切れません。

ところが、2015年3月19日の投稿を最後にツイートがありません。

 「偽物」だというコメントが多数寄せられた模様です。

実は、アイコン画像に使用された伊藤純奈さんは、乃木坂に入る前はジャニオタで岸優太さんの大ファンだったそうです。

岸優太さんの妹になりすました誰かが、ジャニオタで有名だった伊藤純奈さんを利用していたものと思われます。

error: