政治家・文化人

【画像】金正恩の嫁・李雪主がかわいい!馴れ初めや性格・スキャンダルを紹介

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の嫁・李雪主氏かわいいと話題です。

2人の結婚までの馴れ初めですが、不倫だったという説もあります。

また、嫁・李雪主には結婚後にスキャンダルもありました。

今回は、金正恩の嫁・李雪主の若い頃のかわいい画像や性格、馴れ初めからスキャンダルまでをまとめてみました。

金正恩の嫁・李雪主ってどんな人?

金正恩の嫁・李雪主氏は、ファーストレディという立場ですが、あまり公の場に登場しないので謎に包まれていました。

2012年に最高指導者の座に就いたばかりの金正恩氏が、公の場で謎の美女を連れているとニュースになったのです。

妻か恋人かと話題になったのですが、その女性が嫁の李雪主氏です。

金正恩の嫁・李雪主の画像実は、結婚していたという事と、とても美人でかわいいという衝撃が走ったのです。

<div class=”concept-box5″><p>

最高指導者の妻がいきなり公の場に姿を現すのは、北朝鮮では極めて異例だ。一部の例外を除けば、最高指導者の妻が公人扱いされることはこれまでなかった。

引用:東洋経済</p></div>

しかしその後、しばらく姿を見せなくなった嫁・李雪主氏。

実は、あるスキャンダルが原因でした。(詳細は後述します)

2018年4月27日に開催された南北首脳会談に同行し、久しぶりの姿が見られました。

この時も、とてもかわいいと話題になったのです。

金正恩の嫁・李雪主のプロフィール

金正恩の嫁・李雪主の画像
  • 名前:李 雪主(リ・ソルジュ)
  • 生年月日:1989年9月28日(1985年説もあり)
  • 年齢:30歳(2020年現在)
  • 2009年に金正恩と結婚(2010年説もあり)

2012年1月15日の「週刊ポスト」に詳しいプロフィールが掲載されていました。

年齢は、金正恩氏より2歳年上の姉さん女房だそうです。

記事が掲載された当時の2012年の年齢は30歳と書かれていました。

そうなると、生年月日も変わってきます。

実は、金正恩氏の誕生日も正式にはわかっていないようですので、情報が交錯しているようです。

金正恩の嫁・李雪主の画像嫁の李雪主氏は、北朝鮮の名門「金日成総合大学」を卒業しています。

党の政治指導員的な立場で大学院に在籍していたそうです。

出身は、北朝鮮東北部の主要都市である清津市。

父親が大学教授、母親が病院の看護師長で、両親共に優良党員という裕福な家柄です。

金正恩の嫁・李雪主の学歴

嫁・李雪主氏は元歌手で音楽家でもありました。

4歳か5歳の時に、芸術団員に抜擢されて、音楽の名門「平壌市内の金星第2高等中学校」に入学しています。

金正恩の嫁・李雪主の幼少期画像卒業後は、中国の北京に留学して声楽を専攻し学んでいました。

金正恩の嫁・李雪主の職歴

音楽を極めてきた嫁・李雪主氏は「銀河水管弦楽団」の公演で歌手を務めるなど音楽家として活動していました。

北朝鮮の応援団「美女軍団」の一員だったこともあるそうです。

金正恩の嫁・李雪主の画像2005年9月に仁川広域市で開かれたアジア陸上競技選手権大会の「美女軍団」の中にいました。

当時推定16歳と思われます。すごく清純でかわいいですよね。

結婚後も、「人民保安省」の楽団などで活動して、義父・金正日氏らの前で歌声を披露したこともあるそうです。

金正恩と嫁・李雪主の馴れ初めは?

金正恩氏は、北朝鮮の金正日前総書記の三男ですが、後継者に選ばれました。

2008年ごろに、後継者として内定してから嫁選びが始まったそうです。

2009年夏に金正日前総書記が病気で倒れ側近によって、嫁人選びが本格化しました。

出会いはお見合い?

2人の馴れ初めについて、2012年1月15日の「週刊ポスト」ではこう伝えています。

金正日前総書記の妹・金敬姫氏の夫で、金正恩氏の実質的な後見人である張成沢・党行政部長が李雪主氏を推薦したそうです。

李雪主氏が嫁候補として、推薦された理由がこちらです。

嫁候補の条件
  • 党への忠誠度
  • 学業成績
  • 容姿
  • 両親や親戚の党への貢献度
  • これらを総合的に考慮

そして金正恩氏が、一目惚れをして猛アタックをしたそうです。

それから2年間の交際を経て結婚となりました。

高英姫の画像さらに、金正日前総書記も『(3番目の妻の)英姫に似ている』と言っていたそうで、母親似だったことも関係しているのではと言われています。

高英姫氏といえば、幼少期は日本で暮らしていた事があり、歌手の和田アキ子さんが面倒を見ていたそうです。

和田アキ子 生い立ち 父親 叔父 帰化
和田アキ子の生い立ちが壮絶!父親の暴力と叔父の逮捕・韓国人から帰化した経緯まとめ和田アキ子の生い立ちが壮絶で驚きです。 在日韓国人だったルーツからレコ大で菊の花束を送られるイジメにもあっていました。 殺したいほど...

その時のエピソードはこちらの記事で紹介しています。

金正恩の嫁・李雪主の画像諸外国のように、結婚式をテレビで中継するなどという事はなく、実は結婚していたパターンの2人。

金正恩氏が正式に後継者に指名された、2010年9月の朝鮮労働党代表者会前に結婚していたと、週刊ポストが報じています。

実は不倫関係だった?

馴れ初めを聞くと、お見合いからの恋愛結婚のように思えますが、こんな噂もあります。

実は紹介された当時、李雪主氏は結婚していて夫がいたというのです。

既婚者を、わざわざ候補に入れるでしょうか?

少し謎が残りますが、不倫関係を続けていたが、金正恩氏が夫から李雪主氏を略奪したという説があります。

金正恩の嫁・李雪主の画像また、夫ではなく交際相手で、金正恩氏の求愛に逆らえなかったという話もありました。

真相は不明ですが、こんな話が浮上するという事は、紹介時に李雪主氏が完全なフリー状態ではなかったと推測されます。

金正恩の嫁・李雪主の性格は?

純朴で、おしとやかに見える嫁の李雪主氏は、どんな性格なのでしょうか?

李雪主夫人の事を、北朝鮮の国民はどう思っているのでしょう。

2018年7月18日の東洋経済オンラインの記事によると、「上品でおしとやかな女性」と思っている人が多いそうです。

イメージそのままですね。

金正恩の嫁・李雪主の画像しかし、徐々に国民から嫌われ始めてしまったそうです。

2016年2月22日の「アジアプレス」の記事によると、

北朝鮮の住民へのインタビューを行ったところ、李雪主氏の評判の悪さが際立ったそうです。

「最初に出て来た時には、『尊敬する李雪主同志』などと呼んでいたのに、次第に皆が悪口を言うようになりました。『あの女は何にもやっていないのに、何が同志だ』とか、『あんな小娘がなんで金カバンを持ち歩くのだ、金を分けてくれるのか』なんて言っています」

この話に出てきた、『金カバン』というのがこのバッグのようです。

金正恩の嫁・李雪主の画像まだ年齢が若く、ミニスカートで金カバンを持っている姿が、品格に欠けるという意見もあるそうです。

金正恩の嫁・李雪主の画像これには似てると言われた、金正日前総書記の3番目の妻・高英姫氏が関係しているそうです。

英姫氏は、金正日前総書記と(作業服のような)同じ服装で、いたそうです。

高英姫の画像その為、国民からしたら李雪主氏の姿は、受け入れられないのかもしれませんね。

若くて美人という事が「贅沢する派手好き小娘」というイメージで蔓延してしまったそうです。

日本でも安倍昭恵総理大臣夫人が、ミススカートで反感をかっていましたね。

安倍昭恵の服装,膝丈スカート,美脚自慢,ブランドや炎上の画像
【画像】安倍昭恵の服装まとめ!膝丈スカートは美脚自慢?ブランドや炎上を調査安倍晋三総理大臣夫人の安倍昭恵さんの服装が、度々炎上していますね。 膝丈ドレスや膝上スカートが多く、美脚自慢とも言われていますね。...

さらに李雪主には、浮ついた性格というイメージもあるようです。

金正恩の嫁・李雪主のスキャンダルとは?

浮ついた性格?とはどんな状態なのでしょうか。

その事を物語る、スキャンダルがあったそうです。

それが2013年の『李雪主の下半身スキャンダル』というものです。

すごいタイトルですよね…

金正恩の嫁・李雪主の画像簡単に言ってしまうと、北朝鮮の女性は男性との”そういう行為”になるのが早いそうです。

(全ての女性がそうではないと思いますが)

実は李雪主氏が、しばらく公の場に姿を表さなかった原因は、このスキャンダルだったと言われているのです。

という事は…不倫や浮気?という事なのでしょうか?

このスキャンダルの真相は不明なのですが、噂のきっかけのスキャンダルがあるのです。

金正恩の元カノ・玄松月のスキャンダルが影響?

2013年の『李雪主の下半身スキャンダル』に関係しているとされる、もう1つのスキャンダル。

それが、2015年の金正恩の元カノ・玄松月(リ・ソルチュ)氏の公開処刑です。

金正恩の元カノ・玄松月(リ・ソルチュ)の画像玄松月(リ・ソルチュ)

金正恩の嫁・李雪主氏も所属していた「銀河水管弦楽団」のメンバーだった玄松月氏と複数の団員が、セクシービデオの鑑賞と出演をしていたそうです。

北朝鮮情勢に詳しい中国の複数の消息筋によると、玄松月さんや銀河水管弦楽団のムン・ギョンジン団長などは今年6月「性に関する録画物を見てはならない」という金第1書記の指示に反した疑いで今月17日に逮捕され、3日後に処刑されたという。

出典: Yahoo!ブログ

この処刑は市民1万人の前で行われたそうです。

頭にフードを被った死刑囚たちが銃殺されるという、残酷な刑でした。

金正恩の元カノ・玄松月(リ・ソルチュ)の画像玄松月(リ・ソルチュ)

この元カノのスキャンダルと、どんな関係があるのかというと、

「銀河水管弦楽団」は、2013年に解散させられて、解散から2年後に刑が執行されています。

そう、2013年というのが李雪主のスキャンダルがあったとされる年です。

何か関係があるのでは?というのが疑惑の発端のようです。

金正恩の元カノ・玄松月(リ・ソルチュ)の画像玄松月(リ・ソルチュ)

そしてこの処刑の時に、金正恩氏は上流階級を招待しVIP席で鑑賞させた後、高級ランチに連れて行ったというのです。

2013年頃から、姿を見せなくなった嫁の李雪主氏を含め、逆らうとこうなるという事を言っているのかもしれません。

そして、李雪主氏への罰として、元カノを含め団員達を…と囁かれたのです。

金正恩の嫁・李雪主と元カノ・玄松月

しかし、2019年になって元カノ・玄松月(リ・ソルチュ)氏が生きていたという報道がありました。

2019年2月26日のYahoo!ニュースに「デイリーNKジャパン」記事が掲載されています。

この記事によると、処刑された団員数名が生きていたというのです。

この中に、元カノ・玄松月氏も含まれていてたというのです。

友好芸術団の団長である玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏は、北朝鮮の朝鮮中央テレビで朝鮮労働党の副部長と紹介された。副部長とは、次官級に相当するだけに、玄氏はもはや金正恩氏の側近中の側近

処刑されたのは、替え玉で実は生きていたという事になります。

しかも、今では側近として働いているというのです。

金正恩の嫁・李雪主の画像2018年頃から、再び公の場に同行するようになった嫁・李雪主氏。

2019年に元カノ・玄松月氏と思われる女性の存在。

金正恩氏が、2人を許したのではないかと言われているそうです。