政治家・文化人

【 わかりやすく】検察庁法改正案とは?芸能人が抗議している理由も簡単に説明

Twitterのトレンド入りをしている「検察庁法改正案に抗議します

芸能人が続々と抗議していますが、結局「検察庁法改正案」とはなんなのか??

とよくわからない人もいるのではないでしょうか?

今回は「検察庁法改正案」とは何か簡単に説明します。

検察庁法改正案とは?わかりやすく簡単に説明

すごく簡単に説明すると、「検察官の定年」を63歳から65歳に引き上げよう、と言うのです。

検察官は、裁判の時に『弁護士 vs 検察官』被告人を「あなたがやったんですよね」と問い詰める側です。

社会全体の定年が65歳の流れになってきたので、別に検察官も65歳でもいいんじゃない?

という人もいるとは思います。

しかし今回問題になっているは、検察庁職員全員の定年延長の話ではないのです。

現在、東京高等検察庁の黒川弘務検事長の定年を延ばそうという個人的な話なのではないかというのです。

安倍晋三首相と強いパイプがある黒川弘務検事長が、規定通り63歳で定年になってしまうと、守ってもらえなくなる…

だから、定年を延長させようとしているのではないかという疑惑が浮上しているのです。

かなり、ざっくり説明していますので、細かく言えば実際のニュースとは異なる部分もあるとは思いますが、大まかに言うとこんな意味合いです。

なぜ今、検察庁法改正案?わかりやすく簡単に説明

では、なぜ安倍晋三首相は黒川弘務検事長の定年を延ばしたいのか?(そう言われているのか)

それは、安倍晋三首相の任期があと1年あるのです。

安倍晋三総理大臣の任期はいつまで,4期再選,最新支持率
安倍晋三総理の任期はいつまで?歴代最長で4期再選の可能性と最新支持率は安倍晋三総理大臣は現在、歴代最長の在籍期間です。 しかし、新柄コロナウィルスの対応が後手に回ったり、「アベノマスク」など批判されて...

自分の任期満了まで、黒川弘務検事長に守ってもらいたいという思惑があるのではないかというのです。

現行では、黒川弘務検事長は2020年2月7日(63才の誕生日)で退く予定だったのです。

しかし、2020年1月31日の閣議で半年間の定年延期が決まっていました。

黒川弘務氏が検事長でいる事が、安倍政権にとっては都合が良いのです。

森友問題』『桜を見る会』など、国のお金を安倍晋三首相が個人的のお財布に入れているのではないか?

という疑惑から、守っているのが黒川弘務氏検事長ではないかというのです。

検察庁法改正案に抗議している芸能人は?

この定年延長を、コロナ問題の中、しれっと法案を通そうとしている国会に、芸能人や著名人たちが抗議しているのです。

井浦新さん、小泉今日子さん、浅野忠信さん、秋元才加さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、城田優さんなどが抗議しています。

さらに、ラサール石井さん、大久保佳代子さん、Charaさん、西郷輝彦さん、大谷ノブ彦さん(ダイノジ)、緒方恵美さん、高田延彦さん、水野良樹さん(いきものがかり)、日高光啓さん(AAA)、末吉秀太さん(AAA)もそうです。


小泉今日子さんが代表を務める株式会社明後日

なんで、芸能人達がこんなにも声を上げているのか?

その理由を分析した記事がyahoo!ニュースに掲載されていましたので簡単にご紹介します。

  1. 新型コロナウィルスによる自粛要請で、個人事業者である芸能人の収入減に。それに対する政府の対応が遅く、ようやく提示された「持続化給付金」の上限が個人事業者は100万円であった。これに対しての不満と問題意義が生まれた。
  2. 昨今日本の芸能界は、グローバル化してきて、芸能プロダクションを離れて独立・移籍するケースが増えている。プロダクションの顔色を伺う事なく、海外同様、個人個人が発言する傾向になってきた。

芸能人達が、発した事によって良いとか、悪いという判断ではなく、個々人が興味を持って考える事が大事だと記事は伝えていました。

国のやり方に「違うと」と思ったら、声をあげようというメッセージなのかも知れませんね。