タレント

かじえりの権利問題ってなに?ユーチューブの年収で事務所とトラブル!?

美容系youtuberの「かじえり」こと、梶 恵里子さん。

メイクアップ講師として、YouTubeに人気チャンネルを「KAJIERI MAKEUP」を開設していました。

しかし、このチャンネルを巡っての権利問題が勃発し、自由に更新ができなくなっていたのです。

一体、なぜ個人で発信していたはずのYouTubeでトラブルが起きたのでしょうか?

そこには、かじえりさんのYouTubeによる年収に関して、事務所が絡んでいるようですので、調べてみました。

かじえりの権利問題ってなに?

かじえりは、「KAJIERI MAKEUP」チャンネルを2015年08月25日より開設しています。

2017年7月から本格的なYoutubeでの活動を開始。

定期的に、メイク講座や、真似メイクなどの投稿が人気でした。

「KAJIERI MAKEUP」データ

  • 開設から4年5ヶ月の活動
  • 再生回数 5172万9940回
  • チャンネル登録者数 29万人
  • 動画投稿数 403本
  • 1動画あたりの再生回数 12万8362回

(チューバータウンより)

しかし、2019年7月の投稿を最後に、更新がストップしていたのです。

なぜ更新しないのか、説明がないまま、2019年9月15日に新たなチャンネル「かじえりチャンネル」を設立しました。

そこで、権利問題が起きていることを公表したのでした。

【権利問題の概要】

  • 大人の事情により更新できない状態になった
  • 全て説明したいができない状態
  • 2019年5月末から問題が起きていた
  • まだ解決できていない
  • 言いたいことも言えない悔しい日々だった
  • 現在の状況に、納得できていない
  • 「KAJIERI MAKEUP」の権利を、諦めるつもりは全くない
  • 問題が解決するまでの間、新しいチャンネルで発信していく

トラブルの内容には、触れられない状況の為、具体的なこ事はわかっていません。

大人の事情との事ですので、おそらくYouTubeの収益を巡って、事務所ともめているのではないかと推測できます。

かじえりのユーチューブの年収はいくら?

かじえりが最初に運営していた「KAJIERI MAKEUP」の4年5ヶ月間の年収は、チューバータウンのデータによると

獲得金額 620万7592円
平均年収 140万5492円

月収に換算すると約12万円です。

かじえり 権利問題 トラブル 年収 ユーチューブかじえりInstagramより

有名ユーチューバーにしては、それほど大きな収入ではないように思えます。

もっと報酬があったり、関連事業やメディア出演などの収入もあるのかもしれません。

かじえりの権利問題は事務所とのトラブル?

かじえりと権利問題でもめているのは、誰なのでしょうか?

おそらくですが、かじえりが以前所属していた事務所『Make.Tokyo』ではないかと推測できます。

現在は名前が変わり、『合同会社BUZZBYZ (旧 合同会社Make.Tokyo)』になっていました。

「Make.Tokyo」(現 BUZZBYZ)とは?

美容関連の学生や美容業界に就職へ就職を考えている人たちの為のコミュニティーです。

学校生活だけでは得られない情報提供や、全国どこからでも参加できる無料のDMMオンラインサロンです。しています。

かじえりは、2017年の1月から、「MakeTokyo」に所属していました。

美容イベントなどでは、講師として登壇もしていたほどです。

かじえり 権利問題 トラブル 年収 ユーチューブhttps://prtimes.jp/main/

在籍中の2017年の7月から本格的にyoutuberとして活動を開始しています。

おそらくYouTubeでのノウハウや、撮影機材、プロモーションなどのサポートを受けていたかもしれません。

かじえり 権利問題 トラブル 年収 ユーチューブかじえりInstagramより

かじえりがメディアや雑誌に取り上げたれたり、知名度が上がってきたのも、在籍中の事です。

自分発信でも、知名度あっての事として、YouTubeの報酬の分配や動画の権利は事務所を通してという主張が予想されますね。

2019年の3月に「MakeTokyo」を退職し、フリーランスとして活動を開始しています。

かじえり 権利問題 トラブル 年収 ユーチューブかじえりTwitterより

トラブルが勃発したのは、2019年5月頃との事ですので、退職前の動画についての取り扱いや、過去の動画からの報酬などについて双方の言い分があるのかもしれません。

かじえりはトラブル中に会社を設立していた!

2019年の10月から会社を設立し独立しています。

権利問題により、やりたいことが配信できないことへの不満や悩みを抱えていたこと。

そのことから独立を決意したと動画で語っています。

まだ、「KAJIERI MAKEUP」の権利問題が2020年2月現在も解決していませんが、前に進んでいるようです。