オリンピック

平野歩夢の家族構成は?父親と母親の職業や兄弟もスノボ・実家も紹介

平野歩夢、家族、両親、父親、母親、兄弟、画像

冬季オリンピック2大会連続で、活躍をしている平野歩夢さん。

東京オリンピックでは、スケートボードで出場します。

そんな彼を最も身近で支えてきたともいえる、家族構成についてご紹介します。

平野歩夢の家族構成は?

平野歩夢さんは、1998年11月29日生まれで新潟県の出身です。

家族構成は、男兄弟3人、計5人の家族です。

  • 父親:平野英則(ひでのり) 50歳
  • 母親:平野富美子(とみこ) 48歳
  • 兄:平野英樹(えいじゅ) 26歳
  • 次男:平野歩夢(あゆむ)  22歳
  • 弟:平野海祝(かいしゅう) 18歳

※2021年6月現在の年齢です。

平野歩夢さんは3人兄弟の真ん中で、全員がイケメンとも言われています。

平野歩夢、家族、両親、父親、母親、兄弟、画像父親は平野歩夢さんの、スポーツ人生を支えてきた一人です。

平野歩夢さんが、スケートボードを始めたきっかけも父親とのこと。

今の平野歩夢さんがあるのは、父親の力があったからこそといえるかもしれません。

母親は若く、美人なことから平野兄弟のイケメンぶりにも納得がいきますね!

あまりメディアへ出演するということはありませんが、ソチ五輪では現地で応援をされていました。

平野歩夢の両親の職業は?

実家は父親が経営するスケボーパーク

そんな平野歩夢さんの、両親の職業をご紹介します。

父親は現在、スケートボーディング連盟副理事に務めています。

若い頃はプロサーファーになるため、22歳には準公務員を退職されました。

自ら環境を整える為に、サーファーショップを経営するなど、かなりアクティブな方のようです。

平野歩夢、家族、両親、父親、母親、兄弟、画像平野歩夢さんが幼い頃は、スケートボードが出来る環境が東京にしかない、という理由から

800万の借金をして、地元にスケートボードの施設を作ったそうです。

実家は「日本海スケートパーク」とのことです。

平野歩夢、家族、両親、父親、母親、兄弟、画像

新潟県村上市瀬波温泉にあった体育館を改修して作ったそうです。

おそらく、移動時間も惜しかったでしょうから、近い場所に家があるのではとのことです。

母親の職業は?

母親は「日本海スケートパーク」で、「夢キッズ」という部門の担当をしています。

お弁当を作るなどして、陰から平野歩夢さんを支えていた母・富美子さん。

平野歩夢、家族、両親、父親、母親、兄弟、画像平野歩夢さんの名前も母親が「夢に向かって一歩一歩、歩んでいって欲しい」という願いからつけたそうです。

ご両親の支えがあってこその平野歩夢さんだと、強く感じますね。

平野歩夢の兄弟もスノボとスケボをやっている?

兄・英樹

兄の英樹さんも、スノーボード選手です。

  • 2011年US OPEN初出場で7位入賞
  • 2015年レボリューションツアーで優勝

するなどかなりの実力者です。

 兄・英樹さんがスケートボードもやっており、その影響で平野歩夢さんがを始めたともいわれています。

現在は結婚をして美人な奥様と、可愛らしいお子さんがいらっしゃるそうです。

弟・海祝

弟の海祝さんも、同じくスノーボード選手です。

  • 2017年ジュニアオリンピック(ハーフパイプ)中学2年の部優勝
  • 2018年ジュニア選手権3位
  • 2021年五輪ユースハーフパイプ2位

この経歴から海祝さんも、かなり優秀な選手だということがわかりますね。

互いにライバルと思い、切磋琢磨してきた期間もあったそうです。

今ではそんなライバル関係だったこともよかったと、兄の英樹さんは言っているそうです。

弟の海祝さんは「平野歩夢の弟」という言い方をされることが、嫌だった時期があったといいます。

自分でしっかり結果を残している、本当に素晴らしい選手ですね。

平野歩夢、家族、両親、父親、母親、兄弟、画像現在はInstagramでも、かなり仲良しな3人の様子がうかがえます。

平野兄弟には、今後も期待ですね。

error: