はるきる池袋作品展に行ってきた【夢の世界展】作品画像と感想まとめ

空箱職人の【はるきる】さんの作品会「お菓子の箱でつくる夢の世界展」池袋パルコミュージアムに展示された作品画像と感想をご紹介します。


はるきる池袋作品展「お菓子の箱でつくる夢の世界展」画像

神戸芸術工科大学アート「クラフト学科」の現役学生でお菓子の空箱から、そのお菓子の世界観をアート作品として製作している「はるきる」さん。

本当にお菓子の箱からこんなにすごいものが作れるの?と驚きの作品ばかりです。


今では企業からお菓子が送られてきて、作品を創って欲しいとのオファーが来るほどにその知名度をあげています。



プリングルズ

そしてこのプリングルズの空き箱からできた作品がこちら。

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」
はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」
はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」
はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」
はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

それぞれポーズが違っていて、なんとなく性格が伺えます。並べてみるとよりその魅力が強調されます。



アルフォート

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

アルフォートの世界中を旅するような壮大な世界観が現れています。

ラピュタの飛行船を思わせる細い繊細な線もあればぐんぐん前へ進んでいくような力強さもある作品です。


トッポ

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

トッポで作られたラピュタのような天空城です。トッポの上にあるような細さの上に、こんなにも細かく複雑な城がそびえているのがすごいです。


オレオ

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

とっても早く飛んで行きそうなオレオで作った飛行機です。操縦席や翼など空き箱の色の使い方がとても上手で1つの箱から作れるところが天才です。



アーモンドチョコレート

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

アーモンドチョコレートのゴールドが鎧と強靭さを表現し、箱の中のシートも余すことなく馬のしっぽやたてがみなどで風を切る動きが伝わります。

「甘すぎないおいしさ」の旗を掲げているのが面白いです。


ミルキーチョコレート

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

顔の部分が一番今までで苦労したそうです。ペコちゃんの顔が大人になってかわいいです。スカートの揺れ具合など動きを感じるポージングが見ていてテンションが上がります。


鼻セレブ あざらし

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

鼻セレブのアザラシを立体化したらこうなるのかと感心。さらにティッシュ箱として再利用できるところがにくいです。


鼻セレブ うさぎ

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

うさぎもかわいいですよね。手と足の丸みがリアリティを出しています。こんなインテリア飾りたいです。


リッツ

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

リッツの箱からどうしてこんな幻想的な作品が思いつくのでしょうか。ヴェネツィアの獅子のようでもあり炎の精霊のようにも思えるファンタジーの世界観がリッツから生まれるなんて。すごすぎます。


ディナーカレー

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

レトロな海外のクラシックカーの正体はディナーカレー。ミラーが「中辛」になっているのが遊びココロを感じますね。


シャルロッテ

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

淡いパステルカラーが綺麗なシャルロッテの箱をどこか懐かしい街並みに変えてしまう技術と完成を想像するイマジネーションが素晴らしいです。

そこに人々の生活があるようでミニチュアハウスの進化系にすら感じます。


チョコパイ

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」
はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

チョコパイの箱では、冬の恋人たちのひとときが少し悲しげで寂しい雰囲気で伝わってきます。

チョコパイの銀のフィルムで川を表現し寒々とした少し氷が張っているかのようで誰も乗らないボートがさらに哀愁さを感じます。

この2人が何を話しているのか想像が膨らみます。


カップヌードル

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

宇宙食でもあるカップヌードルが宇宙飛行士となり、商品の世界観と希望さえもなぜか感じてしまいます。

紙の素材以外でも作れるテクニックの幅広さを感じます。


シーバスリーガル(ウイスキー)

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

時代の英雄がそこにいるようです。ウイスキーのシーバスリーガルの上品で神秘的な印象そのまま、艶やかなシルバーの鎧のように輝く姿に妄想がタイムスリップしてしまいます。


ココアシガレット

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

ハリーポッターのような、どこかに存在している駅に降り立ったのかな?とファンタジーを想像させる作品です。街灯はハウルのように今にも動き出しそうだななど、見た人それぞれの解釈でストーリーが浮かんで来る気軽に楽しめるアートです。


マリービスケット

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

イラストレーターのおおでゆかこさんとのコラボパッケージのメルヘンな世界観をそのまま、いやそれ以上にメルヘンに仕上げてくれています。

子猫たちと一緒にミルクを飲むとってもあったかい気持ちになる素敵な作品です。


きのこの山とたけのこの里

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

いったい、勝敗はつくのでしょうか?竹槍を持ってエヴァンゲリオンのような跳躍を見せるたけのこと、ワンピースのサボのようにジャケットをひるがえしキノコソードの二刀流が炸裂する死闘。かっこいいです。


カロリーメイト

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

なんとも優しくあったかい作品です。手足はフィルムを使用しブリキや機械感を表しつつも、その表情とひまわりへの水やりという動作から愛が溢れています。

お腹のカメラのような部分はどんな機能があるのだろう?と想像することが楽しいです。


ビスコ

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

ユニークと捉えるか、男の子の壮大な夢が叶った瞬間と捉えるか。でもやっぱり笑ってしまう楽しい作品です。ガンプラ作るより難しそうですよね。すごい。

お父さんと一緒に作ってお子さんの顔写真を貼ってもいいですよね。


じゃがりこL

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

作品の細かさと素晴らしさはもちろんですが、この展示の仕方が何だか高揚感を与えます。なんででしょう。


どん兵衛

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

うどんという日本らしさを和の国のサムライで表現した作品です。どん兵衛公式ツイッターで紹介されていました”斬り捨て御麺”はうまいでね!

どんな宿命を背負っているのでしょうか。


はるきる作品の作り方

見ているだけでも圧巻なのですが、作り方を知るとよりそのすごさがわかります。

はるきるさんが動画で紹介していました。


はるきる作品展まとめ

いかがでしたか?個人的な感想ですがはるきるさんの世界観と作品のすごさが少しでも伝われば嬉しいです。最後はサインと写真撮影をしていただきました。

NHKのわくわくさんに憧れて作品作りを始めたはるきるさんは、しっかり子供達に、憧れと想像力、作ってみたいという気持ちを与えてくれています。

はるきる「お菓子の箱でつくる夢の世界展」

今後も作品を楽しみたいと思います。もしお近くで作品を見られる機会がありましたら、ぜひ生で鑑賞されることをオススメします。

ゴミがアートに、そしてリサイクルを知ってもらうきっかけにもなりそうですよね。


ダンボールアートが楽しめる八百屋は【四国】高知県いの町の岡林商店!店長の岡林政道さんってどんな人?

サスティナブルとは?日本一の取り組み徳島県のゴミ分別がすごかった