アニメ・漫画・ゲーム

原泰久の元嫁と子供の年齢は?離婚した時期や自宅について紹介!

漫画『キングダム』の作者・原泰久さんと、タレントのこじるりこと小島瑠璃子さんの熱愛が2020年7月31日に報じられました。

19歳の歳のさカップルにも驚きですが、原泰久さんには離婚歴がありました。

今回は、原泰久さんの元嫁と子供についてご紹介します。

キングダム作者・原泰久の元嫁ついて

映画にもなり、NHKでアニメ化にもなっている、大人気漫画『キングダム』。

その作者である原泰久さんは、45歳(2020年時点)です。

原泰久の画像元嫁と子供は、一般人なので名前や画像などは公表されていません。

しかし、離婚前には度々情報が出ていました。

原泰久さんは、佐賀県出身で福岡県在住です。

元嫁は、福岡出身で2人でライブに行くほど仲が良かったようです。

2016年10月30日に放送された「情熱大陸」に原泰久さんが出演しました。

この時、妻と子供が3人いると紹介されていました。

キングダム作者・原泰久の子供の年齢は?

原泰久さんはツイッターで、子供のことをツイートしていました。

これらのツイートの内容から推測して、子供は男の子が2人、女の子が1人ということがわかります。

また、年齢ですが2020年時点で

  • 第1子長男:13歳(2007年生まれ)
  • 第2子長女:11歳(2009年生まれ)
  • 第3子次男:7歳(2013年9月4日生まれ)

ということになると思われます。

キングダム作者・原泰久はいつ離婚したの?

原泰久さんが、元嫁と離婚した時期や理由は明らかになっていません。

(後日、2020年9月3日に3月に離婚したことを、自身のツイッターで公表しました。後述しています。)

原氏はかつて『キングダム』単行本のおまけページで妻の存在を明かしていたが、事情を知る関係者が明かす。

「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです。彼女が仕事がオフの日に福岡を訪れ、デートしているみたいです」

引用元:ポストセブン

情熱大陸の放送が、2016年10月30日でした。

また、熱愛報道があった小島瑠璃子さんとの出会いのきっかけが、2019年1月12日放送の「世界ふしぎ発見」でした。

原泰久とこじるりの画像ポストセブンが報じた熱愛報道では、2020年7月下旬に福岡でお泊まりデートをしていたということです。

おそらく、原泰久さんが元嫁と離婚されたのは、2016年11月〜2020年6月の間かなと思われます。

原泰久とこじるりの熱愛画像出典元:ポストセブン

「世界ふしぎ発見」の時に、離婚していたのかどうかは不明です。

2019年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)では、小島がミステリーハンターとして中国を訪れ、『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画で、2人の対談が実現した。

初対面のシーンでは、「初めまして! ずっとお会いしたかったです」と目を輝かせる小島に、原氏が「僕もです」と応じた。仕事場に足を踏み入れると感動のあまり涙を流していた。

引用元:ポストセブン

「アメトーク」のキングダム芸人で、キョウカイのコスプレをするほど、キングダムファンを公言していた小島瑠璃子さん。

映画キングダム2羌瘣(きょうかい)役予想
【予想】キングダム・羌瘣(きょうかい)役の候補10人!実写映画キャストは誰?実写映画「キングダム」の続編製作が決まりましたね。 前作パート1でのキャストが、原作のイメージを裏切らない出来栄えでした。 ...
こじるりの歴代彼氏画像
【2020最新】小島瑠璃子の歴代彼氏は6人!現在の彼氏は原泰久こじるりこと、タレントの小島瑠璃子さんは過去に熱愛報道が何度かありました。 2020年7月には、新恋人として漫画キングダムの作者・...

映画「キングダム」の続編で、誰がキョウカイ役を演じるのか憶測が飛んでいる中、小島瑠璃子さんの名前も上がっていました。

さらに、深堀してみましょう。

2019年4月19日のローカル紙「大字基山」に「「キングダム」原泰久先生に100の質問。佐賀県基山町で育った人気漫画家の素顔とは」という記事が掲載されました。

この中で、家族について語っています。

Q. 親の役目はなんだと思います?
「働いている姿を見せること、だと思うなぁ。」

Q. 子どもの教育方針とか、ありますか?
「いつも明るく過ごせる子になって欲しい。ポジティブにね。」

Q. 奥様の手料理で好きなメニューは?
「ドライカレー。あ、いや、スパゲッティも捨てがたい…」

引用元:大字基山

他にも2019年7月28日のツイッターでは、子供と動物園に行った事を投稿していました。

今回の熱愛発覚の記事では、「最近になって猛アタックした」ということですのですが、離婚した時期は2020年に入ってからなのかもしれませんね。

もしかしたら、小島瑠璃子さんと交際するために…

もしくは、小島瑠璃子さんの影を感じて不仲に…

なんて憶測も一部飛んでいるようです。

嫁の実家もある福岡で新恋人とデートをしているというニュースは、元嫁と子供はどう思うのか心配ですね。

 

追記:離婚時期に関しての新証言

2020年8月25日に東スポWEBが、離婚時期についての記事を掲載しました。

出版関係者の話。

「原さんは少なくとも昨年まで、SNSやインタビューなどで家族について語っていましたからね。今年1月にソフトバンクグループの孫正義会長と対談した時には、原さんの左手薬指に指輪が光っていたんですよ。そのため『小島との交際時期がかぶっているのではないか』『略奪愛だ』とネットは荒れました」

たしかに略奪愛疑惑はどこまでも推測だ。25日発売の「週刊女性」では、原氏の実兄が「離婚したのは昨年冬。慰謝料と養育費は、ちゃんと払っています。小島さんとは離婚した後の話で全然関係ない」ときっぱり否定している。

だが、ネット上では「慰謝料を払ったということは、原に離婚原因があったということ?」「昨年冬に離婚して、すぐこじるりと交際できるとは、すごいタイミングだな」などと不自然さを指摘する声はやまない。

これらの証言を整理すると

  • 2020年1月には指輪をしていた
  • 兄の証言では2019年冬に離婚

と、時期がずれています。

家族の話をするほどだった人が、離婚直後に芸能人と付き合うという経緯に疑問視する人が多いようですね。

原氏の代理人を務める弁護士は、

(中略)

小島との交際についてだけ「なお前妻との婚姻関係の継続中、小島瑠璃子氏とお会いしたのは昨年1月放送のテレビ番組における対談及び同年10月実施のイベント登壇の計2回のみ、その他には面談はもちろん、発信受信を問わず連絡もございません」と回答した。

引用元:週刊文春

プライベートで会うようになったのは、離婚後であるという弁護士の主張でした。

追記:離婚理由はこじるり以外の女性と不倫!?

2020年9月3日号の「週刊文春」が、小島瑠璃子さんではない女性との不倫疑惑を報じました。

 事情を知る原氏の友人が明かす。

「『週刊ポスト』が小島と原氏の熱愛を報じたのは7月31日のこと。すると、その直後、元アイドルのAさんがSNSに『許せないことがあった』『5日間、食事ができない』などと書き込んだ。さらに、『キングダム』ファンから批判された小島が『誹謗中傷は終わりにして欲しい』とツイッターに投稿すると、Aさんはさらに『誰かを傷つけたことを知らないふりにするのは無責任』などと反論したのです」

Aさんの知人が語る。

「元アイドルのAさんは10代から大手芸能事務所に所属。テレビの仕事を通じて、原氏と親密な関係になりました。

2年ほど前から本格的な交際に発展したと聞いています。当時、原さんには奥さんがいましたので不倫ということになります」

離婚の直接的な原因は、Aさんとの不倫が奥さんにバレた可能性が浮上してきました。

さらに離婚後にAさんと交際するのではなく、こじるりと交際したというドロドロ疑惑にまで発展しています。

このA子さんは、一部報道では元アイドルで歴女タレントの小日向えりさんであると言われています。

「妻と別れるから、付き合ってくれ」と原氏に言われたそうです。

そのため、当時婚約していた恋人と別れ芸能界を引退し、原氏と結婚の準備をしていたというのです。

しかし、連絡はなく週刊誌で、こじるりとの熱愛報道を知ったそうです。

追記:離婚は2020年3月だと公表

追記:2020年9月3日のTwitterにて、2020年3月に離婚していたことを公表しました。

「この度は私事で読者の皆様、関係者の皆様、お騒がせしてしまい大変申し訳ありませんでした。一部週刊誌にありましたように、私は今年3月に離婚いたしました」

「仕事を言い訳に、支えてくれていた元妻ときちんと向き合うことをせず、家族を大切にできませんでした。私の不誠実な行いのせいで、周りの人を傷つけてしまったことを、重く受け止め、深く反省しております。本当に家族に対して不誠実であったことを後悔しております。時は戻りませんが、これからは償いの気持ちを抱えて生きていきます」

「作品を読んでくださっている読者の中には、がっかりされた方も多いと思います。不快な気持ちにさせてしまい申し訳ありませんでした。支えてくださっている関係者の皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。心よりお詫び申し上げます」

小島瑠璃子さんとは、不倫ではないと言いたかったのかもしれませんね。

キングダム作者・原泰久の自宅はどこ?

原泰久さんは、福岡県福岡市に自宅があります。

買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かった。

さらに翌日、2人は車で「金印」が発見された場所として有名な志賀島(しかのしま)を訪れ、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。その後は映画を鑑賞し、またしても原氏のマンションへ。2連泊ということになる。

引用元:ポストセブン

仕事場は、福岡県の大野城市にありメディアに度々登場しています。

error: