歌手・アーティスト

globeは解散or復活?再結成や活動再開はKEIKOの離婚でどうなる?

ついにと言うか、やっとと言うか…

小室哲哉さんとKEIKOさんの離婚が、2021年2月26日に公表されました。

ファンはKEIKOの復帰を待ちながら、活動の再開を願っていたと思います。

2人とも新しい人生を歩んでいくわけですが、globeの活動はどうなるのか調べてみました。

globeは解散するの?小室哲哉とKEIKOの離婚でどうなる?

活動休止はいつから?

globeは2008年に、小室哲哉さんが著作権詐欺容疑で逮捕。

続けて2011年に、KEIKOさんがくも膜下出血で倒れから3人での活動ができていませんでした。

globe解散、再結成は2018年には、小室哲哉さんが看護師との不倫疑惑が報じられて、音楽業界からの引退を宣言。

事実上の、活動休止状態が長らく続いていましたね。

globe解散、再結成はKEIKOが歌えるまでに回復をしたら、また再結成(解散はしていませんが)して再始動してくれるのをファンは待ち望んでいたと思います。

KEIKOも、復帰へは意欲的でリハビリに励んでいるメッセージを定期的に発信していました。

パークが1人globeとして活動

そしてメンバーの1人、パークパンサーもずっと「1人globe」と言う活動をしていたのです。

「解散してないですから」

「小室さんが耳元で、「globeの灯火は消すなよ」」とささやいた

この小室哲哉さんからのミッションを守ってきた、マークさん。

小室哲哉さんの引退のニュースを、電車の中の学生の会話で知った時もこうツイートしていました。

くしくも離婚発表の翌日の2月27日は、マークさんの51歳の誕生日でした。

KEIKOの離婚コメント

2021年2月26日には、KEIKOさんが直筆のコメントを発表しました。

globe解散、再結成は

おかげさまで大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております。

今後も健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう、精一杯努力して参ります。

新たな気持ちと強い決意で前に進んでいきたいと思っております。

KEIKO直筆コメントより

アーティストとして、恩返しをしていくと書かれていました。

しかし、これがglobeとしてなのか、ソロ活動なのかはわかっていません。

globeは解散せずにKEIKOとマークの2人組になる?

小室哲哉さんは、引退を発表してから2年後に乃木坂46に楽曲提供をして復帰をしています。

しかし、この2年のブランクは大きかったようで7回書き直していたと、復帰の手助けをした秋元康さんが言っていました。

音楽への熱い想(おも)いは消えていないことを知りました。いろいろな事情はあるのでしょうが、何とかもう一度、小室哲哉に音楽に携わる機会を持って欲しいと思いました。『曲を書いてよ』そんな話を何度かするうちに、彼がようやく重い腰を上げました。

ブランクがあった分、なかなか、思うようなイメージのものが書けないようでした。結局、7回も書き直しをしてもらったのですが、その作業すら楽しそうでした。この人は本当に音楽がないと生きていけないのです。

引用元:2020年7月16日朝日新聞デジタル

小室哲哉さんに、音楽への気持ちがあったとしても、KEIKOさんとは5回以上に渡る離婚協議が行われていました。

慰謝料等の金額で、折り合いがつかず泥沼化していたとも報じられています。

globe解散、再結成は早く新恋人の看護師と一緒になりたい想いもあったようで、KEIKOさんにはお金を使いたくないとも文春が報じていました。

そんな2人が、仕事仲間、globeのメンバーとして割り切った関係になるのは難しい気もします。

globe解散、再結成は違う女性に乗り換えた、元夫の横で笑顔で歌うには、病気からの復帰に加えて酷な事に思えてしまいます。

globe解散、再結成はそれでも、楽曲を歌い続ける為に、KEIKOさんとマークさんは2人でも活動をしていくのではないでしょうか。

離婚発表の翌日のKEIKOさんと、マークさんのSNSではglobeの活動については触れられていません。

globeの公式サイトも、公開されたままです。

もうしばらく活動休止を経て、3人からの発信を期待したいですね。

追記:離婚後のマークのコメント「解散はしない」

2021年3月9日の「週刊女性プレミアム」では、マーク・パンサーさんへの直撃インタビュー記事が掲載されていました。

「したの? エッ? 知らないよ。テレビは見ないから。本当に離婚したんだ!? ヘェ~、ビックリだね!」

引用元:週刊女性プレミアム

「誰もglobeは解散なんて言ってないし、続くんじゃないの。レコード会社も解散とは言ってないし。アレ? もしかして、そう思われてる?」

引用元:週刊女性プレミアム

「TKが引退しても、KEIKOが歌えなくても解散していないんだし。ふたりが結婚する前からグループはあったわけだから。KEIKOが歌えなくなって10年だけど、そのポジションは誰にも譲っていないし。

TKも引退のときにglobeは辞めると言ってないし、僕はTKから“globeの灯を消すなよ”と言われているから、6年前からDJとして、ひとりでglobeの曲を全国でかけている。ま、奇跡を待っているのは、僕なんだけれどもね。KEIKOはリハビリを頑張っているし、住んでいる大分で会うと“一緒に歌おうよ”と言ってくるし」

引用元:週刊女性プレミアム

マークさんは、今まで通りKEIKOの復帰を待っているようです。

追記:離婚後の小室哲哉のコメント「音楽家として協力します」

2021年3月9日の「女性自身」には、離婚後の小室哲哉さんへの直撃インタビューが掲載されていました。

小室哲哉さんは、KEIKOさんに直接会って謝罪をしたいと申し出ていたそうです。

しかし、KEIKOは離婚調停という形を取り、面会はせず弁護士を通じてのやりとりだったそうです。

「KEIKOさんのことはあらゆることを本当に、心からお詫びしたいことはたくさんあったんですが……。調停離婚という形になったので、直接話もできなかったので」

(中略)

「お会いしてお話をしたい。お詫びしたいとは、お願いしましたが……」

引用元:女性自身

「全然、必要ないかもしれないですが……」と前置きしたうえで驚愕の提案をする。

「globeを含めていろんなことで音楽のお手伝い、協力だったりだとかが必要であれば、惜しまずもちろん。僕としてはなんでも協力して、一音楽家としてですけど。僕としてはできないというか、そうさせてもらえないと思いますけど。でも惜しまないです」

――もし手助けできるなら、したいと?

「もちろんです」

引用元:女性自身

この文脈から、KEIKOが仕事として割り切れるならば、globeやソロ活動を支えていくと読み取れます。

KEIKOが歌えるのならば、globeとしての活動も継続するとも受け取れます。

もしかしたら、「Every Little Thing」(ELT)の 五十嵐充さんのように、脱退して外からのプロデュースというスタイルになるのかもしれませんね。

error: