ディズニー

アナ雪2の感想【ネタバレなし】意外な結末と子供向けでなかった点まとめ

アナと雪の女王2あらすじ

『アナと雪の女王2』を鑑賞してきました。前作からの謎解きとなる今作のポイントの答え合わせとなる内容でした。新しオラフの吹き替えも違和感なかったのですが内容と結末は子供向けでなない感じでした。

ネタバレにならない程度にご紹介します。

 

アナと雪の女王2 気になったポイント

エルサとアナが昔のように仲の良い姉妹に戻り、クリストフとスヴェン、オラフという新たな仲間と出会ってから3年が経った世界が舞台となっています。

楽しくみんなで暮らしている様子が描かれていましたが、それぞれが成長と共に葛藤を抱えていました。

その葛藤をそれぞれのキャラクターが歌で表現しているので、前作のような明るくウキウキしたような曲よりも、切ない曲が多いように感じました。

 

全体的に、5人で冒険に出かけるのですが、個々の行動が目立ちました。

テーマとして「離れていても一緒」「変わらないものがある」ということが言えるかと思います。

ストーリー展開として、歌の割合が多く全部で7曲ありましたが、少し詰め込まれた感がありどんどん場面が展開され見ている側の状況の整理と気持ちが追いつかないうちに次の曲へという感じがしました。

アナ雪2は子供向けではない?

期待されてるであろう部分は、前作の「レット イット ゴー」のように子供達が歌えたり振り付けをマネできたりという主題歌ではないでしょうか。

また、アナとハンスの掛け合いの歌が楽しかったり、アナの「生まれてはじめて」のようなワクワクする明るい曲がカラオケでも人気になったりと、今作もそんな曲を期待している人は多いのではないでしょうか?

 

私もそうでしたが、今回は「ありのままの〜」と自分に重ね合わせて、勇気付けられるというような曲ではないかなと思います。

「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」耳に残るメロディではありますが、前作ほどのヒットソングにはならない気がしました。

 

松たか子さんの美声と歌唱力は前作以上かと思いました。

ストーリー展開も、エルサの魔法の秘密が過去のアレンデールに大きく関わっていてその謎解きの冒険になるので、子供には少し難しいのでは?という気がしました。

 

しかし、前作の登場キャラやフレーズが出てきたり、ディズニーの隠れキャラが出てくるので、「あ!」とテンションが上がるポイントはありました。

 

また、オラフやクリストフが笑いポイントをくれるので楽しいポイントもありました。

 

 

オラフの声が声優の武内駿輔へピエール瀧そっくりで高評価

気になっていたポイントの一つがオラフの声が変わったことですね。

前作のオラフに寄せてくるのか?どうするのか?と気になっていましたが、公開直前に前作がテレビで再放送され、聞き分けるのが難しいほど寄せきてくれました。

アナ雪2オラフ 感想

アナ雪2ではオラフがキーマンに

オラフはこの3年の間に言葉をたくさん覚えていました。

かなり難しい本を読んだのか?なんでそんなこと知っているの?という雑学をたくさん披露していました。

なんでそんなに色々知りたいのか?それが今回、大きな軸となっていました。

オラフはわからないこと、知らないことがあることに不安を感じているようでした。

大人になれば、それは解決できるの?大人になればわかるようになるの?

と自分だけが知らないのでは?と焦っているようにも見えました。

そのオラフの好奇心がピンチを救うことが多々あり、物語に重要なヒントを与えるキーマンでした。

 

オラフに涙するシーンもあり大活躍でした。

 


アナと雪の女王2 エルサの魔法の秘密

今作のテーマは
【エルサはなぜ魔法の力を持って生まれたのか?】
【エルサとアナの両親はなぜ航海へ出たのか?】
【アレンデールを再び襲った危機とは?】

と言うところでここに注目して鑑賞しました。

これらが全て解決するよう、前作からの回収がされていました。

一番のポイントは、両親の馴れ初めにありました。

そして、母親の形見のストールに魔法の秘密のヒントが隠れていました。

 

アナを危険に晒したくない、心配をかけたくないという妹を想う気持ちから、エルサは単独行動をしてしまい自分との戦いに挑んで行きます。

そのたくましさは完全に魔法をコントロールできるようになった自身に満ちた姿でした。

今回は後半に魔法の秘密とエルサの本当の正体がわかった時に髪をおろした大人っぽいエルサへ変化して、とてもきれいでした。

 

アナとクリストフの恋愛はどうなったのか?

アナ雪2オラフ 感想

前作のラストで両思いとなったアナとクリストフですが、まだ結婚はしておらず両思いのままでした。

クリストフとスヴェンもお城に住んでいるようで、寝間着姿のような衣装でエルサたちとジャスチャーゲームを楽しんでいました。

しかし、クリストフは覚悟を決めてアナに気持ちを伝えようとするのですが、なかなかうまく行かないのでした。

 

そして、冒険の途中で、クリストフ劇場が始まったのです。

クリストフとアナのちょっとずれた解釈のやりとりが面白かったです。

ラストは、納得の結末となりました。

ヴィラン(悪役)は誰だ?

前作はハンス王子でしたが、今回はほんのちょこっと回想シーンで出てきます。

今作の一番のヴィランはアナとエルサの「親族」になります。

その事実を知った時、全ての謎が解き明かされるのでした。

 

アナ雪2の精霊がポイント

エルサの魔法の秘密を探るため、「魔法の森」へと向かうのですが、そこは精霊たちの森でした。

水の精霊、火の精霊、風の精霊、大地の精霊、そして第5の精霊。

まさに、かつてディズニーシーで上演していた『ミスティックリズム』の世界だなと思いました。

精霊たちの力がアレンデールを襲い、人々は丘の上へ逃げるのですが、それにもちゃんと理由があったのでした。

 

アナ雪2のラストの結末は?

エルサの魔法の秘密と生まれた生い立ちがわかり、めでたしめでたしとなるのかと思っていたのですが、エルサの選択に「え?」そうなんだ…と少し寂しい気持ちになってしまいました。

でも、この選択がまさに「変わらないもの」を示しているのだなと感じました。

姉妹愛、家族愛、愛情、種族への愛、それぞれの使命、「離れていても一緒」それらが全てラストに込められているように感じました。

アナ雪2オラフ 感想

1回目の鑑賞はとにかく魔法の秘密が知りたいという気持ちで見たので、そのあらすじには満足でした。

そして、それぞれの感情や細かい描写などをもう一度確認したいと思ったので、2回目の鑑賞もしたいと思いました。

次は字幕で見ようと思います。

DVDも確実に購入したいと思います。

2はだいたいつまらないという残念結果ではなかったので良かったです。

大人は楽しめましたが、子供たちには少し難しい展開だったかなと思います。

グッズもたくさん可愛いのがありました。

パンフレットとポーチとパスケース、スノードームを購入しました。

総評として見に行って損なし!だと思います。ぜひご覧ください。

 

 

 

グーフィー 声優 予想!後任はジーニー堤?ディズニー モノマネの[動画]がすごい!ブログ炎上のワケ

風間俊介 ディズニーランドのダンス披露!新キッズプログラム「ジャンボリミッキー!」を笑顔で踊る動画が話題

ディズニー ペットホテル・ 一緒に泊まれる&預けられる【シェラトンホテル】