ディズニー

ディズニー ペットホテル・ 一緒に泊まれる&預けられる【シェラトンホテル】

こんにちは丘チワワです。夫婦揃ってディズニー大好きな私たち。毎回利用させていただいているホテルはワンちゃんと一緒に宿泊でき、パークで楽しむときも預かってくださり、トリミングもお願いできるのでお気に入りのホテルです。
今回は【シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル】の様子をご紹介させていただきます。




預かり所「ドックキャビン」の特徴

室内ドッグランがあり安心して預けてパークやホテルのレストランでの食事、周辺への観光が楽しめる「ドッグキャビン」があります。

スタッフさんみなさん、にこやかで、とてもわんこを大事に扱ってくださいます。

預かり中はゲージから出してドックランで遊ばせてくれたり
(Play Time プレイタイム(15分)¥500)
他のワンちゃんがいないときはゲージから出して、スタッフさんたちがお仕事をしている側でサークルに入れて見守ってくださったり、写真撮影をしてくださったりと、愛情が伝わってきます。

冷凍ご飯も持ち込みさせてもらっても、きちんとレシピ通りに与えてくださったり、いつも安心して預けることができています。

預かり時間/ 9:00AM – 9:00PM (最終受付 8:00PM)

1泊目の夜はパークの閉園の21時か22時まで遊ばせてもらっても、
スタッフさんは21時には帰ってしまうのですが、ルームキーでしか入ることができないお部屋にゲージがあるので、そちらへわんこを迎えに行きます。預けているわんこグッズは部屋に戻してくださっています。

最近は、スタッフさんがまだいる20時くらいにはお迎えに行くようにしているので、日中の様子などを伺ったりしてスタッフさんとお話しするのも楽しいです。

利用条件:室内飼育の犬種で、体重15kg以下の小・中型犬が利用可能です。

室内ドッグランはフローリングタイプです。
うちのわんこはひたすら壁際をクンクンするだけなのですが、
アスレチックが置いてあります。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
毎回記念撮影のサービス




トリミング施設「ドッグラウンジ」の特徴

トリミング施設にもなっているので、毎回シャンプーをお願いしています。我が家のチワワちゃんはシャンプーが合わないと皮膚が赤くなってしまうので、いつもシャンプーは持ち込みさせてもらっています。

受付は専用のドッグラウンジへ

ペット棟宿泊者用の駐車場がありますので、そちらへ駐車をしてペット棟のドッグラウンジ(1Fにあります)にて受付をします。

15:00〜21:00まではこちらでわんこを預けるのもチェックインも
できます。
それ以外の時間帯は、わんこを預けてから本館にてチェックインをします。

開放的なブルーを基調としたとても綺麗な内装です。
受付カウンターは水槽になっていて綺麗です。

カウンター手前は待合所とグッズ販売、ドッグランになっています。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ

カウンター奥はトリミングルームになっています。預かりのドックキャビンはさらに奥の部屋に設置されています。

ディズニーキャラクターのわんこ用の洋服やおやつをメインに販売されています。

愛犬と泊まれるお部屋「ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ」の特徴

「ドッグフレンドリールーム」
基本はツインルームとなっていてエキストラベットが付いています。
ベッドの高さは高めです。わんこ用のふかふかクッションが置いてあります。
ソファーとテーブルと椅子2脚が基本です。床はカーペットなのでわんこも歩きやすいです。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ
ここは角部屋のお部屋だったので少し広めでした。

シェラトンホテルオリジナルのペットアメニティ(ウェットティッシュ、エチケット袋)は毎回お土産にさせてもらっています。

備え付けのアメニティは、
ふかふかのドッグベッド、ドッグマット、フードボウル、トイレシート&トレイ、ダストボックス、消臭スプレー、粘着クリーナー、空気清浄機。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ
グレーの大きなふかふかドックベット

ワンちゃん用ルームサービス

ワンちゃん用のご飯をルームサービズも利用可能です。
シェラトンのシェフさんによる作りで見た目にも綺麗なワンちゃん用のメニューです。

チキンとブロッコリーのトマトリゾット ¥800や
チキンハンバーガー ベークドポテト ¥1,400
バースデーケーキ ¥1,400

などのを注文を受けてから作ってくださるので作りたてをいただけます。
ワンちゃんのお誕生日や記念日をお部屋一緒にお祝いすることもできます。

私が毎回注文するお気に入りのルームサービス

パークでお腹いっぱいのはずなのに、いつもホテルでくつろいでいると食べたくなってしまい、夜な夜な食べてしまうメニューがあります。

それが「天ぷらうどん」と「パーコー麺」。

特に磯辺揚げ(ちくわの天ぷら)が美味しくて大好きです。

お汁がポットに入れて別盛りなのも嬉しい配慮です。

満足して眠り、朝必ず むくんでいるのですが、やめられません^^;

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル ドッグ・ラバーズ・スイート at トーキョーベイ
天ぷらうどん
パーコー麺

ファミリーでも楽しめるホテル施設

ペットはお部屋でお留守番かドックキャビンに預けなくてはいけませんが、
本館のレストランや大浴場、プール、お子様連れには、ボールプールやゲームコーナーなどもあるので、ホテル内でも楽しむことができます。
買い忘れたお土産やホテルにも売っているお土産は荷物になるので、パークで購入せずにホテルで購入しています。

ホテルのレストランはどこもとても美味しいので、ハズレがありません。

駐車場側にドックテラスもあるので、散歩をさせて一緒にお茶もできます。(ガレリアカフェのテラス席のみわんこOK)
駐車場には足洗い場とダストボックス、エチケット袋が完備されています。

シェラトン東京ベイ ペットと泊まる

パークへはホテルの目の前がディズニーリゾートラインのベイサイドステーション駅なので、パークへ行く際は利用しましょう。

ホテルからパークへ(リゾートラインとミッキーバス)

ホテルからパークへ行くバスはシェラトンは運営していないのですが、ベイサイドステーション駅からホテル入り口までのミッキーバスは運行しています。目と鼻の先の乗車時間ですが、本館を利用される方は入り口まで少し距離がありますし、疲れた足とお土産などもあると思いますので、結構利用される方が多いです。

ペット棟宿泊者さんはバスに乗らずに歩いた方が入り口が近いです。

まとめ

宿泊中もペットホテルに預けるタイプのホテルもありますが、
ペットと同じ部屋に宿泊できるホテルの方がワンちゃんも安心しストレスが減ると思います。パークにもペット預かり場所はありますが、
ドックランで遊ばせてくれるシェラトンホテルは、待っている間のワンちゃんのことも考えるとおすすめです。

ぜひ、ワンちゃんがいるからパークに行けないと我慢していた人やいつも預けるところだとストレスになってないかなと思っている人は、次のご旅行はシェラトンをご利用してみてはいかがでしょうか?





愛犬と散歩・富士山が見える片瀬海岸 西浜と犬好きが集う月9のロケ地ドッグカフェ「江の島77」

愛犬と行く・ 鎌倉 竹林さんぽ 「報国寺」

江の島でペットと一緒にランチができるお店13選・島だけじゃない!国道沿いのオススメのお店