国内ニュース

ダンボールアートが楽しめる八百屋は【四国】高知県いの町の岡林商店!店長の岡林政道さんってどんな人?

八百屋段ボール

ガンダム、ミニオンズ、となりのトトロ、天空の城ラピュタなどのキャラクターをダンボールで作って八百屋の商品と共に陳列しているユニークなお店「岡林商店」高知県いの町の新たな新名所として遠方から訪ねる人もいる。独学で作り上げるにはクオリティが高すぎる。動くダンボールアートを生み出す店長の岡林政道さんの作品とどんな人なのか調べてみました。


ダンボールアートが楽しめる八百屋

まずはこちらをご覧ください。これが全てダンボールでできていると思えますか?

ガンダムとシャア専用ザクをダンボールで作り上げ八百屋の店先に展示したのは、このお店の店長さん。

プラモデルの12倍の大きさで、実物の12分の1のスケール。

細部まで精密に作られています。


店内にも店長の力作が展示されていて、野菜やお菓子と並んだシュールな世界となっています。

ダンボールでこんなに丸みを帯びた作品が作れることに驚きです。

再現度も高く、キャラクターの表情が愛着の湧く温かみを感じます。

店長さんの人柄が伝わってくるようです。


ダンボールアートがある四国 高知県いの町岡林商店の場所

781-2110
高知県 吾川郡いの町3607-5
088-892-0196
営業時間: AM8:00~PM7:00
定休日: 毎週日曜日
主な取り扱い商品:土佐名産・文旦・新高梨・小夏・高知名産・みかん・メロン・御中元 ・御歳暮

地元の方の情報では、「ハラハチさんを出て裏辺り」とのことです。

高知市中心部から車で30分ほどに位置する「いの町」

清流日本一の仁淀川と吉野川、四国山地の絶景、土佐和紙体験などが楽しめる町

ダンボールアートの達人 店長の岡林政道さんってどんな人?

このダンボールアートを作っているのは、八百屋の2代目店主の岡林政道さん。

こちら、以前フェイスブックのプロフィール画像にされていたようなので、自画像かと思われます。


いの町出身で 松山大学 経営学科を卒業されています。
愛媛県でサラリーマン生活をされていましたが、両親の経営する岡林食料品店を引き継ぐためUターン。2代目としてお店を任されるようになったそうです。


現在は、商店街の活性化に力を注ぐ一方、2016年より独学で始めたというダンボールアートにはまってしまい、年に2〜3体ほど作成。

現在最新作の記事冒頭で紹介したシャアザクが13体目だそうです。


本当にこのクオリティを独学で作っているのでしょうか?

フェイスブックなどでどこかで学ばれたのか?という質問に「独学です」を答えています。


また、地元のメディアのインタビューでも、どうやって作るのか?と聞かれ

「適当です」

ど答えているところが、岡林政道さんの凄さを物語っています。


ダンボールアートをやり始めたきっかけは?

もともと、プラモデルが好きだった岡林政道さん。

八百屋でダンボールがたくさんあるしタダだから、何か作ってみようと思ったのだそうです。

ダンボールアート1体の制作期間は?

仕事が終わってから夜8時頃から2~3時間ほど作業をしているそうです。

ガンダムは約3カ月、シャアザクは約4カ月近くかかったとか。


ダンボールアートの楽しみは?

作った作品でお孫さんと遊んだり、遠方からSNSを見て足を運んでくれた人とのふれあいが嬉しいと答えていました。

「いの町に来てくれた人が見てくれて、びっくりして喜んでくれるのを見ると、モチベーションが上がりますね」

まいどなニュース

この「R2D2」実は動くそうです。しかもある便利な機能付き!
その動画は後半でご紹介しています。


岡林政道さん作 岡林商店ダンボールアート作品紹介

現在までに13体のダンボールアートを作っている岡林政道さん。

どのように作っているのか、制作過程の画像を見ると、細かいパーツを何百も組み合わせる気の遠くなるような根気のいる作業です。


中には、動く作品もあり追求度がハンパないです。

ダンボールアート制作過程

ダンボールアートの最初の作品は『天空の城ラピュタ』のロボット兵だったそうです。ダンボールを何層にも重ねて作るそうです。首から上だけで100枚以上パーツがあるというから大変な作業であることが伝わってきます。

プラモデルを見ながら、各パーツを切り出していくそうです。すごい。

ダンボールアート作成順に紹介

【初代】天空の城ラピュタの「ロボット兵」

【2作目】となりのトトロの「トトロ」

【3作目】となりのトトロの「メイちゃん」

【4作目】となりのトトロの動く「ねこバス」

ねこバスが動く!ちゃんとバックもしてる!すごいクオリティ〜。

おまけで「まっくろくろすけ」も作るこだわりよう

【5作目】紙の博物館 吉井源太の マスコットキャラクター

この頃には、地元では有名になりオファーがくるようになったのですね。

【6.7.8作目】ミニオンズの「ボブ」「スチュアート」「ケビン」

【9作目】宇宙船艦ヤマト

【10作目】天空の城ラピュタの動く「タイガーモス号 」

細かすぎてやばいです。大作すぎます。パズー、シータ、ドーラ、洗濯物までちゃんとあります。

【11作目】ドラゴンボール「尻尾の生えた幼少期の孫悟空」

【12作目】機動戦士ガンダムF91「ガンダムf91 Ver.2.0 バックキャノン装着型」

ファンの間では、マニアックなバックキャノン装着型のチョイスに震え上がるとか。

>RT シャアザクはわかるけど、もう1体ガンダム側がなんでF91、しかもデフォのヴェスバーじゃなくてオプションのビームガトリング仕様なんだよ、マニアック過ぎるわw

軽艦@隼まっしぐら@kalkannuko 2019年9月4日

【13作目】機動戦士ガンダムの「シャアザク」

ダンボールアート 番外編

これは子供でも作れるようにスヌーピーを作っていました。

番外編 スターウォーズの動く「R2D2」

こちらは実は、おそうじロボットなんです。

ダンボールで作ると重くなってしまうとのことで、市販のお掃除ロボットの上に発泡スチロールとスポンジシートで組み立てたそうです。


底のマイクロファイバー部分で、床を掃除していきます。
ボディは、りんごが入ってきた発泡スチロールと100均のスポンジシート。
このスタイルと動き、なかなかの愛嬌者でしょ(^^)

ダンボールアートが楽しめる八百屋「岡林商店」まとめ

いかがでしたか?四国にこんなすごい八百屋さんがあるなんて驚きです。

2代目店主の岡林政道さん手のから魔法のように作り出されるキャラクター達にご近所の方も地元の方も遠方からも大勢集まってくる小さな八百屋さん。

お買い物が楽しくなりますね。世界にここだけのお店。

作品からも温かみが伝わってきますが、いつもそっと添えられているコメントもほっこりします。


お店の飾るかどうかは「奥さん」の許可がいるそうで、出来栄えを見て奥さんがOKを出さないと一般公開はされないのだとか。

高知県いの町にある「ダンボールアート」が楽しめる「岡林商店」へぜひ一度訪れてみたいです。新作も楽しみですね。


エヴァンゲリオンの使徒かと思った映像!夜空に浮かぶ正体は1300機以上の中国ドローンショー

ワンピース 映画【スタンピード】全237隠れキャラ徹底解説!アタッチが見たシークレットキャラの正体はエース??

水曜どうでしょう 新作の行き先どこ?ドミニカ共和国かニカラグア?大胆予想のワケ