歌手・アーティスト

【画像】クリスタルケイはハーフ?母親と父親の国籍や名前、職業を紹介

クリスタルケイはハーフ、母親と父親の国籍

歌手のクリスタルケイ(Crystal Kay)さんは、日本を中心に活動していますが国籍はどこなのでしょうか?

幼少期に、両親が離婚して苦労したそうです。

また母親の職業が、歌手で社長という情報もありました。

今回はクリスタルケイさんはハーフなのかと、父親と母親の国籍や名前・職業などをご紹介します。

クリスタルケイはハーフ?母親と父親の国籍は?

母親と父親の国籍

クリスタルケイさんは、1986年2月26日生まれで神奈川県の横浜出身と言われています。

父親は、ニューヨーク生まれのアフリカ系アメリカンです。

母親は、日本で生まれ育った在日韓国人3世です。

クリスタルケイの母親の画像2018年5月14日放送の「深いい話」では、母親について語っていました。

母親が22歳の時に結婚したのですが、当時の韓国では外国人との結婚は許されていない風潮だったそうです。

クリスタルケイはハーフ、母親と父親の国籍駆け落ち同然で、結婚をしたので母親の父(クリスタルケイの祖父)からは勘当されずっと会っていませんでした。

それでも愛を貫いた2人ですが、その後離婚してしまったのです。

詳しい時期はわかっていませんが、クリスタルケイさんが幼少期の頃に離婚しています。

クリスタルケイはハーフ

クリスタルケイさんは、ずっとハーフであることがコンプレックスだったそうです。

「私は日本で生まれ育ったんですけど日本の血が一切入っていなくて(父はアメリカ人、母は韓国人)、ずーっとコンプレックスを抱えていたんです。」

引用元:週刊女性2019年6月18日号

私は子供の頃からずっと、アイディンティティ的なものにコンプレックスがあったんですよ。ハーフってことであまり目立ちたくないと思っていて、それが歌にも出ていたと思う。

引用元:オリコンニュース

アメリカと韓国のハーフで、日本育ちです。

小学生から横浜と横須賀のアメリカンスクールに通い、英語をマスターしています。

クリスタルケイはハーフ、母親と父親の国籍上智大学国際教養学部を卒業。

さらに韓国へ語学留学をして、韓国語を勉強。

英語・日本語・韓国語を話せるトリリンガルです。

アメリカに住んだことがなかった事から、2004年から2年間活動拠点をニューヨークに移していました。

クリスタルケイさん自身は、現在はアメリカ国籍を取得しています。

クリスタルケイの母親と父親の職業は?

クリスタルケイさんの父親は、ベーシストです。

母親は、歌手でシンシアという芸名で活動していました。

30歳の時に、歌手デビューしたそうです。

2000年に、7枚目のシングル「さよならが云えなくて」から本名のshunkay(シュンケイ)という名前にしています。

クリスタルケイの母親の画像現在は、芸能事務所の「グレートプロダクション」の社長さんです。

離婚前は、父親と母親の仕事の関係で、いろいろなバンドのライブにクリスタルケイさんも一緒に行っていたそうです。

クリスタルケイはハーフ、母親と父親の国籍その為、物心がつく前から音楽に触れていた為、自然と歌って踊ることが好きになったそうです。

母親の知り合いのCM制作会社社長からの依頼で、クリスタルケイさんは4歳でCMソングを歌っています。

error: