奥様は、取り扱い注意 映画

綾瀬はるか「奥様は、」続編撮影で中国人達がナンパ!厳戒態勢で挑む「義母と娘」SPドラマ年内放送決定

綾瀬はるか奥様は、取り扱い注意映画

綾瀬はるか主演の人気アクションドラマ「奥様は、取り扱い注意」の続編が映画化。6月からの撮影時の中国人撮影クルーからのナンパさながらの迷惑行為。超厳戒態勢の中、映画・「義母と娘のブルース」単発スペシャルドラマの撮影と大忙しの綾瀬さんの様子について週刊アサヒ芸能が報じた内容をご紹介します。


綾瀬はるか中国人撮影トラブルの超厳戒現場

週刊アサヒ芸能の記事によると、中国人の役者と撮影チームのマナーの悪さが問題となっているようです。


綾瀬はるか主演の人気アクションドラマの続編の撮影が6月からスタート。その矢先、現場で待ち受けていたのは、想像だにせぬアブノーマルな「赤い洗礼」の数々だった。国際問題にも発展しかねない、国民的女優が巻き込まれた目撃スクープ。

雑誌「日経エンターテインメント!」が2008年から毎年発表している「19年版タレントパワーランキング女優編」で2年連続1位に輝き、圧倒的な支持を得ている。

NHK大河ドラマ「いだてん」第1部では主人公の妻役で出演し、撮影が終わったのもつかの間、多忙な日々を送っていた。日本テレビ関係者がこう話す。

「17年に放送されたドラマ『奥様は、取り扱い注意』の映画版の撮影が、6月下旬から極秘裏に行われています。


「奥様ー」といえば、アクションシーンが話題になり、10話全てで2桁視聴率を記録した人気ドラマ。主演の綾瀬演じる専業主婦で元特殊工作員の菜美が、近所に住む仲良しの主婦・優里(広末涼子)や京子(本田翼)と一緒に困難なトラブルを解決していく物語だ。

最終回で夫の西島秀俊(48)扮する勇輝の正体が公安であることが発覚。ラストシーンでは綾瀬が西島に銃を突き付けられたところで画面が暗転し銃声が響いて終わった。


意味深な幕切れに放送直後から映画化が噂されたが、ようやく撮影が始まったようだ。

また、撮影現場では思わぬトラブルが綾瀬を襲っていた。映画関係者がその詳細を明かす。

「主なシーンのセットは都内のスタジオに組まれていて、綾瀬の姿を頻繁に見かけます。広い敷地内では他に何作ものドラマや映画が並行して作られているのですが、ある中国人撮影チームの振る舞いが今、問題になっているんです。


俳優陣はもちろん、撮影スタッフの9割が中国人。役者が集合時間を守らなかったり、スタジオ内の喫煙ルールを破ったり、他の撮影の邪魔になるほど大声で会話して大迷惑をかけているんです。

それだけならまだしも、綾瀬を見つけて興奮した中国人がパシャパシャと携帯で撮影を始めた。
接触を見ようと、綾瀬を囲むようにどんどん群がり、中国語で積極的に話しかけて迫っていく。さながらナンパされているようでした」


綾瀬が出入りしている楽屋がある建物は中国人俳優らも利用しているため、廊下ですれ違うこともしばしば。

日本のトップ女優に対してマナー違反ともいえるアブノーマルな行動を繰り返す中国人に、身の危険を感じた「奥様ー」のスタッフは、超厳戒体制を敷く異例の事態になっていると言う。


「綾瀬が移動するときは常に数人のマネージャーがつきっきり。以前はよく利用していたスタジオ内の食堂を使うこともなくなり、楽屋でケイタリングを食べて”避難”しています(映画関係者)


ドラマのように、困難なトラブルを派手なアクションで解決に導く…とはいかないようだ。


「義母と娘のブルース」SPドラマ年内放送決定

開催まで1年余りの東京五輪を控え、関連する仕事が多い綾瀬はプライベートも「五輪モード」になっていた。



「『35歳までに結婚したい』と公言していたが、東京五輪が終わるまでスキャンダルは厳禁。

これまでに共演した松坂桃李(30)大沢たかお(51)と浮き名を流したこともあり、事務所はオファーが届くと同年代や年上は誰がいるのか、神経をとがらせているそうです」(芸能プロ関係者)


それだけ警戒するのもワケがある。実は男ができるとホレやすい恋愛体質の一面もあるといわれているからだ。


20代の頃に有名俳優と付き合っていた時、仕事の合間があれば会いに行くっていってたんです。それに困った事務所は、地方ロケの撮影を多く入れて、オトコとの距離を遠ざけていました」(芸能プロ関係者)

バラエティー番組では天然発言を連発し、「ゆるふわ癒し系」として親しまれているが、ある男性スタッフがワキの甘さを指摘する。


「午前中の仕事が終わり、綾瀬さんとマネージャーと3人でランチをすることになったんです。その時に『週末は代々木公園のタイフェスに行くんですよ』と話したら、綾瀬さんが『私も行きたい!』と言ってスマホを取り出したんです。


こんな簡単に連絡先を交換するのって、びっくりしたのを覚えています。さすがに綾瀬さんと2人でイベントに行く勇気がなくやんわりと話題を変えて連絡先も聞かなかった(笑)」


綾瀬本人は恋愛したくてウズウズしているのかもしれないが、しばらく仕事漬けの毎日になりそうだ。
昨年、綾瀬が主演していたドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)の単発での続編が決まり、年に放送予定です」(芸能記者)

次々と撮影がスタートする中、先に触れた中国人襲撃騒動が起きる東宝スタジオでは、関係者が肝を冷やす現場画面があったと言う。


来年のNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影も行われていて、着物姿の沢尻エリカ(33)と綾瀬がエレベーターホールで鉢合わせたんです。2人は同年代でドラマに出始めてからライバル関係にあると言われていました。


沢尻の方から会釈したのですが、綾瀬はノーリアクション。スタッフと談笑していたとは言え、かなり近い距離にいたので気づいていたと思うのですが…。これには沢尻も苦笑いを浮かべていました」(映画関係者)


中国人撮影チームの「異常接近」に頭を悩ませていた矢先だっただけに、沢尻どころではなかったのかもしれない。もっとも、天然ぶりだけは多忙な時も相変わらずのようではあるが…。

まとめと映画のあらすじ予想

沢尻さんをスルーしてしまったことは、本当に気がついていなかったのか?わざとなのかはわかりませんが、嫌いでもとりあえず会釈だけしておくのが無難かと思います。

続編映画にスピンオフ ドラマ。オリンピック関係のCMやイベント、聖火ランナーと大忙しの綾瀬さん。思わずどんな(天然)発言をするのだろう?と気になってしまいます。


中国人のマナーの悪さがこんなところでも出ているとは驚きました。もちろんマナーの良い中国人の方もたくさんいらっしゃると思うので、一部の人の言動で中国人全てのイメージがこう思われては可哀想です。

撮影に影響が出ないといいですね。「奥様は、取り扱い注意」の映画公開日はまだ発表されていませんが、8月までエキストラ募集の内容で2019年6月下旬~8月中旬(予定)となっていましたので、年末か来年あたりでしょうか?

撮影場所も、神奈川県横須賀市で医師・看護師・患者役、東京都内でスナックのお客さん役、神奈川県真鶴で不審な男達と通行人・警察官役。

真鶴は海や漁港などがよく撮影に使われていますので、港のチンピラ系?を警察官が捕らえて、それを見ている通行人?に紛れているのか、警察官が到着する前に、退治してしまうのか?


と、いうか、続編をやるということはドラマの最終回で生きていたということでしょうか?

過去の話なのか、その後の話なのかも気になります。綾瀬はるかさんは2019-2020年の顔になること間違いなしですね。楽しみです。


話題の映画「ドラゴンクエスト」のネタバレがヤバい佐藤健の声がどハマり!

ABOUT ME
丘チワワ
丘チワワ
海に入らない湘南暮らし中☆気になる話題を掘り下げます