スポーツ選手

アタアタ モエアキオラは性格と経歴がイケメンなリーチマイケルの後輩

ラグビー

ラグビー日本代表の最終兵器と言われるチーム最年少の23歳「アタアタ モエアキオラ」選手の性格がかっこいいと話題に。東海大学の先輩リーチマイケル選手にも果たせなかった快挙を達成したすごい経歴と国籍を紹介します。


アタアタ・モエアキオラ選手プロフィール


名前: アタアタ・モエアキオラ(Ataata Moeakiola)
所属 : 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
ポジション: CTB(センター)/WTB(ウィング)/SO(スタンドオフ)
生年月日:1996年2月6日(2019年9月現在23歳)
身長/体重: 185m/107kg
ニックネーム : アタ
出身地:トンガ
12歳からラグビーを始める
中学3年生の時に来日
高校:目黒学院高校に留学
大学:東海大学
好きな食べ物:寿司、サーモン
好きな言葉:感謝



アタアタ・モエアキオラ選手の学生時代

アタアタ選手はどんな学生生活を送っていたのでしょうか?


目黒学院高校時代

中学3年の時にトンガより留学した当初は、日本の食事が合わず、体重が約10キロも減ってしまうなど苦労が多かったアタアタ選手。

チームメートの母親たちがアタアタ選手の口に合うように工夫して食事を作ってくれて体を大きくすることができたそうです。


ホームシックになることもあったそうですが、日本人の優しさに触れ、この国で頑張ることを誓ったといいます。


高校時代にしっかりと日本語を勉強して、今では流暢に話しています。

その努力がチームメートとの意思疎通を可能にし、後に大きな結果として洗われるのでした。


リーチマイケルの後輩・東海大学時代


日本代表主将のリーチマイケル選手も東海大学出身です。年齢的に同じ時代にはプレーしていませんが、母国を離れ日本でプレーする気持ちや、大学での練習の厳しさなど、共通の話題ができることは心強いことかと思います。


頼れるリーチマイケル選手にも成し得なかった快挙を東海大学時代にアタアタ選手はやってのけました。


東海大学ラグビー部初外国人キャプテンに任命


大学4年生の時、キャプテンに任命されたのでした。

1963年に東海大学ラグビー部が創部以来初。外国人キャプテンが誕生したのです。


任命した監督はアタアタ選手をこう評価しています。

「正しいことを正しくできる。発言力も実行力もある。人望もあり正しいことをきっちりやれる。私生活もしっかりしていて、日本人選手の方がルーズなくらいですから」


また、チームメイトもアタアタキャプテンについて

「仲間思い。ラグビーに対しては貪欲。大学の勉強にも熱心」「普段は口数が少ないが、ここぞという時に声をかけるとチームがまとまる」


このことから、人望の厚さ・信頼度・実力・コミュニケーション能力・統率力が高いことがわかりますね。




アタアタ・モエアキオラ選手の経歴


実力があることはわかりましたが、アタアタ選手はどんなプレーをする選手なのでしょうか?


大学在籍中にU20の日本代表に選出され、2016年U20世界選手権の南アフリカ戦で、「ハットトリック」を達成。トライ王となりました。



関東大学リーグではチームをまとめ優勝。

大学卒業後は、2019年に神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属

ニュージーランドのチーフスでもプレーしており、世界に渡り合える万能BK(バックス)です。


日本代表の最終兵器万能BK

ラグビーワールドカップのPRキャプテンの俳優の舘ひろしさんも大注目している万能BK(バックス)アタアタ選手。

プールAの4戦に出場していないのに、決勝トーナメントのカギとして、アタアタ選手の名前をあげる解説者もいました。


当然日本を研究してくる強豪達に隠し球として秘蔵のアタアタ選手がキーパーソンになると言うのです。



「スピード」「スキル」「フィジカルの強さ」「SH以外のすべてのポジションでプレーできる」万能さを日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)も日本代表の新たな武器と期待しています。


右肩の負傷、右ひざの半月板を痛め手術するなど、ライバルから遅れをとり焦る気持ちもあったそうですが、怪我を乗り越え、母国トンガの代表を断り、「日本代表」を選んだそうです。



アタアタ選手の性格の良さ

ワールドカップでスタメンに選ばれずとも、チームを支え、ラグビーを盛り上げているアタアタ選手の姿に、内面のかっこよさを感じます。


素敵ですね。自分以外の人を思いやれる器の大きさ。

常に、いつ呼ばれてもいいようにスタンバイし続けるメンタルの強さ。

学生時代に日本で磨いた人間力で今もチームを支えている姿勢がかっこいいです。


アタアタ・モエアキオラ選手まとめ

・トンガ出身
・12歳でラグビーを始める
・中学3年の時来日
・東海大学4年の時キャプテンに任命
・人間力の高い努力家
・他者を思いやれる優しい性格

ということがわかりました。


以前、五郎丸選手がこう言っていました。

「ラグビーが注目されている今だからこそ日本代表にいる外国人選手にもスポットを。彼らは母国の代表より日本を選び日本のために戦っている最高の仲間だ。国籍は違うが日本を背負っている。これがラグビーだ」


まさに、海外組としても激しいバックスリーのポジション争いも、ワールドカップ日本大会の舞台に日本代表として立つという夢を掴むため戦っているアタアタ選手の活躍を期待します。


リーチマイケルの性格は父ゆずり 火事で家が燃え日本の善意に感動

田村優は性格が良くてイケメン!ヤンチャで気遣いの優しい男だった

松島幸太郎 ラグビー 日本代表【名前間違えられすぎ】松島幸太朗!美尻で素顔は甘えん坊?焼肉は『タン』好きの松島選手の総まとめ

ヴィンピー ファンデルヴァルトがイケメン!ディカプリオに似てる画像