スポーツ選手

【画像】ケンブリッジ飛鳥の高校と大学は?ハーフで生い立ちも紹介

オリンピックメダリストのケンブリッジ飛鳥さんは、ジャマイカと日本のハーフです。

小学校からずっと日本の学校に通っています。

今回は、ケンブリッジ飛鳥さんの小学校から高校・大学までの学歴をご紹介します。

ケンブリッジ飛鳥の学歴まとめ・小中高校&大学

 

この投稿をInstagramで見る

 

ケンブリッジ飛鳥Aska Cambridge(@c_aska9)がシェアした投稿

 ケンブリッジ飛鳥さんは、ジャマイカ生まれで2歳の時に日本に移住したそうです。

大阪育ちで、ジャマイカ人の父親と日本人の母親、妹の4人家族です。

小学校からの学歴がこちらです。

  • 大阪市立淀川小学校
  • 大阪市立淀川中学校
  • 江東区立深川第三中学校へ転校(中学3年)
  • 2012年3月:東京高校卒業
  • 2012年4月:日本大学文理学部体育学科に進学
  • 2016年3月:同大学卒業
  • 2016年4月:株式会社ドーム入社

ケンブリッジ飛鳥の学生時代のエピソード

陸上を始めたきっかけは?

ケンブリッジ飛鳥さんは、小学校の6年間はサッカーをやっていました。

2歳の時に日本へ移住し、都島区の14階建ての公団住宅に住んでいたそうです。

ケンブリッジ飛鳥の幼少期の画像陸上を始めたのは、大阪市立淀川中学に入学してからです。

陸上部の顧問の先生にスカウトされたそうですよ。

中学3年の時に家庭の事情で、東京へ引っ越します。

ケンブリッジ飛鳥の高校時代の画像江東区立深川第三中学校へ転校して、陸上を続けました。

そして、「関東中学校陸上競技大会」「全日本中学校選手権」に初出場しています。

高校時代

高校時代は、ケガで思うような結果が出ない辛い時期だったそうです。

高校3年生の時に、やっとインターハイに出場ができリレーで優勝しました。

さらに、日本ジュニア選手権200mでも優勝し、頭角を現しました。

180cmの長身ですので、渋谷や原宿で、モデルのスカウトを何度も受けたそうです。

大学時代

高校卒業後は、スポース推薦で「日本大学」へ進学しました。

大学2年生の2014年2月にに、出身国のジャマイカへ陸上留学をしています。

尊敬と憧れのウサイン・ボルト選手が所属する「レーサーズトラッククラブ」で1週間ほど練習を行いました。

残念ながら、この時ボルトは不在で会えなかったそうです。

ケンブリッジ飛鳥の画像しかし、100mと200mの世界歴代2位のヨハン・ブレークと練習することができたそうです。

この時、世界のトップ選手たちと自身の体格の差を感じたのでした。

そして2015年の冬から本格的に肉体改造をして、73kgから78kgに体重を増加しています。

その後、2016年のリオデジャネイロオリンピックで「陸上男子400メートルリレー」にてボルトと一緒に走るという夢を叶えました。

ケンブリッジ飛鳥の生い立ちと父親・母親・妹を紹介

ケンブリッジ飛鳥さんが2歳の時に日本へ移住したのは、父親と母親が離婚が理由のようです。

2歳年下の妹の沙紗(さしゃ)さんが、まだ生まれたばかりの頃だったようですね。

父親の名前は、ジョージというそうです。

離婚後は、ジャマイカに住んでいてレゲエ歌手という噂があります。

ケンブリッジ飛鳥のイケメン画像日本人の母親は、景子さんというお名前です。

日本ではマーケティングのお仕事をされているようです。

ジャマイカで仕事をしている時に、父親と出会って結婚しました。

「綾戸智恵さん似のお母さんはマーケティングの仕事をしていて、モーレツな大阪の母ちゃんという感じでした。仕事でジャマイカに滞在中、そこで知り合った人と結婚し、飛鳥を産んだようです」

引用元:女性自身

中学時代から、息子をオリンピック選手にしたいと考えていたらしいです。

試合やトレーニングのサポートする、熱心な母親でした。

妹の沙紗(さしゃ)さんは、高校時代にやり投げの選手で兄妹揃って身体能力が高いようです。

東京・銀座の「Tommy Bahama(トミー・バハマ)」というショップで働いています。

error: