国内ニュース

【わかりやすく】9月入学とは?メリット・デメリットをまとめて解説!

新型コロナウィルスで、休校期間が長引いて学業への心配の声が上がっていますよね。

賛成と反対、どちらの意見にもメリットとデメリットがあるようです。

突如浮上した「9月入学」案とは、どんなものなのでしょうか?

今回は、「9月入学」になった時のメリットデメリットをわかりやすく解説します。

【わかりやすく】9月入学とは?

そもそも「9月入学」とはどんな経緯で浮上したのでしょうか?

新型コロナウイルスの感染拡大によって、全国に緊急事態宣言が発されました。

9月入学になったら?メリット・デメリットそこで学校が休校となり、学業への遅れが心配されているのです。

9月入学でどうなる学年、保育園、早生まれ
【わかりやすく】9月入学になったら?保育園や学年・早生まれはどうなるのか解説!全国で休校が続く中、学力格差を埋めるため「9月入学」を導入する話が浮上しています。 「9月入学」になった場合、保育園や幼稚園の入園...

そして、地域や学校により教育格差が生じてしまうことを解消する為に、「9月入学」導入が検討され始めたのです。

9月入学のメリットとデメリット

では、9月入学が導入した場合のメリットとデメリットは、どんなものがあるのかご紹介します。

9月入学の3つのメリット

「9月入学」にすると、大きく3つのメリットがあると言われています。

9月入学のメリット①留学

海外では「9月入学」が主流になっています。

日本も9月から新学期となれば、海外への留学がしやすくなる効果があります。

どれだけの人が、留学を考えているかなどもありますが、グローバル化していく中で、時期を揃えていくという考え方は一利あるかもしれませんね。

9月入学のメリット②受験

「9月入学」になった場合、受験は夏場に行われることになります。

冬場の受験に起こる、雪による交通機関の乱れやインフルエンザなどの体調管理などの懸念がなくります。

確かに、雪などは毎年心配になりますよね。

ただ、猛暑で空調対策がされていない教室では、集中力が欠けてしまいそうですよね。

9月入学になったら?メリット・デメリット
9月入学のメリット③教育

今後、休校期間の延長などがあった場合、解除される時期も地域ごとでバラバラになる可能性があります。

そうなった場合、授業内容に差による学力の差が懸念されています。

一斉9月入学にすることで、授業の進み具合を揃えられるます。

しかし、9月までに新型コロナウィルスが終息する保証もありませんよね。

それよりも、自宅での学習システムを充実させる方が良いのでは?という意見も出ていました。

9月入学の3つのデメリット

では、デメリットはどんなものがあるのでしょうか?

9月入学のデメリット①就職

多くの企業が4月入社を導入しています。

公務員試験は3月の卒業に合わせている為、調整が必要になる。

入社試験や、研修など夏季休業中に対応をする事になり、企業側のスケジュール調整が必要となる。

確かに、受け入れる側の変化も必要になってきますよね。

9月入学のデメリット②会計年度

地方自治体や国の会計年度は4月から3月で行われています。

9月からとした場合、会計年度のスケジュールも大きく変更が必要となります。

9月入学のデメリット③習慣

桜の咲く頃に卒業と入学という、日本の風物詩となっているイメージがあります。

卒業ソングなども、桜が歌われているものが多いです。

さらに、「9月入学」ということは、夏場に卒業という事になります。

猛暑の中の卒業イベントなども心配されます。

小池百合子東京都知事によると、明治時代に日本は9月入学だったそうです。

なので、できなくはないという事を言っていました。

小池百合子さんは、留学経験があるから、感覚が海外よりなのかもしれませんね。

小池百合子のマスクがかわいい 作り方 型紙 柄布
【画像】小池百合子のマスクの型紙・作り方まとめ!かわいい柄布の購入先も紹介小池百合子さんのかわいいマスク姿が話題になっていますね。 ファッションに合わせて柄を変えていて、楽しみにしている人も多いみたいです...

桜や猛暑は、日本には四季があるが故の悩みどころかもしれませんね。

日本が4月入学な理由は?

明治時代には9月入学だったそうですが、なぜ現在は4月入学になっているのでしょうか?

  1. 明治初期は9月入学だった
  2. 当時の主要産業は「農業」で特に米が主だった
  3. 米を秋に収穫し、換金して納税するサイクルだった
  4. 年度会計が1月始まりでは、9月の納税から期間が短く予算編成が間に合わなかった
  5. 明治19年から4月から3月末で年度を区切るようになった(諸説あり)
  6. この年度区切りに学校側も合わせた

と、生活スタイルが農業中心だったという時代背景が大きかったようですね。

令和スタイルとして、どのようになっていくのが良いのか、しっかり議論してもらいたいですね。

9月入学の問題点は?みんなが心配しているところ

SNSなどに上がっていた、心配に思っている点をまとめてみました。

「入学金を払ったが、9月入学になった場合、延長した期間の学費は誰が負担してくれるの?」

「こんな状況で受験が不安」

「未就学児がいます。9月までどこにも預けられないの?」

「9月入学になった初年度は、1学年の生徒の人数が増える。教室や教員は足りるの?」

直面している人たちからしたら、不安な事だらけですよね。

問題点が多い中で、しっかり議論されずに見切り発車して、現場が混乱するのだけは避けてもらいたいですよね。

世界はどのくらい「9月入学」なの?

では、実際に世界でどのくらいの国が「9月入学」なのでしょうか。

2020年4月30日の日本テレビ「スッキリ!」で紹介していました。

【海外における学年のスタート】

9月 116か国 54%(アメリカ、中国、イギリス、フランス、イタリア、カナダなど)
10月 28か国 13%
1月 31か国 14%
2月 11か国 5%
3月 13か国 6%
4月 7か国 3%(日本、インド、パキスタンなど)
8月 10か国 5%
その他 6か国 3%

確かに、世界の半数が「9月入学」のようですね。

欧米諸国だけで見ると、「9月入学」は80%だそうですよ。

9月入学になったら?賛成or反対?ネットの声まとめ

「9月入学」は、多くの人が注目しているようで、ネット上でも賛否分かれているようです。

「9月入学」賛成派の意見

「9月入学」反対派の意見

「9月入学」今じゃないでしょ意見